NEW

横山武史「スランプ突入」は“ダービーロス”だけが理由ではない!? 6月に入って26連敗の長いトンネル、新たな悩みも増えて「疑心暗鬼」の裏事情

【この記事のキーワード】

, ,

横山武史「スランプ突入」はダービーロスだけが理由ではない!? 6月に入って26連敗の長いトンネル、新たな悩みも増えて「疑心暗鬼」の裏事情の画像2

 横山武騎手はエージェントの常木翔太氏とデビューから二人三脚でやってきたが、常木氏が先週から正式に大野拓弥騎手も受け持つようになった。これにより、常木氏は横山武、大野、丹内祐次、宮崎北斗と枠一杯の4人を抱える事に……。

 丹内騎手はマイネルの主力だったので仕事的にはあまり苦労はなかったようだが、大野騎手となると少し話が違ってくる。

「彼は真面目な性格や実直さなどで東西から依頼のある関東の売れっ子。常木氏の仕事量が激増するのは当然で、明らかに横山武騎手に関わる時間などが減っているようです。ジョッキーというのは何気に孤独で繊細な仕事なので、今までより自分にかける時間が少なくなっているなというのは機微に感じるものなんです。

本人からすれば大野は先輩騎手にあたる訳で、常木氏が大野騎手を担当するといえば、嫌という事は言いづらかったでしょう。本人もあまり影響はないと踏んでいたと思いますが、これからは段々とそういう悩みも出てくる事でしょう」(同記者)

「大野騎手が今まで以上に活躍して、横山武騎手が乗っていた馬などが大野に回り始めると余計に疑心暗鬼になったりするんです。過去にもそういう騎手を何人も見てきましたから……。しかも、横山武、大野、丹内はみんな北海道に滞在していますから、この辺の乗り替わりには注目した方がいいかもしれません」(別記者)

 スランプ気味の三男・武史騎手とは逆に、6月5勝のロケットスタートを決めたのは長男の和生騎手。5月終了時点で1勝差にまで詰め寄っていたが、6月に入ってリーディング11位の弟を抜いて7位にまで急上昇している。

 一時は低迷した兄が復活を果たしたように、武史騎手の奮起に期待したい。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

横山武史「スランプ突入」は“ダービーロス”だけが理由ではない!? 6月に入って26連敗の長いトンネル、新たな悩みも増えて「疑心暗鬼」の裏事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!