NEW

シルバーステートらJRA新種牡馬の高い壁。「2021ディープインパクト産駒」の注目20頭と日本ダービー候補を独自の採点でランキング

シルバーステートらJRA新種牡馬の高い壁。「2021ディープインパクト産駒」の注目20頭と日本ダービー候補を独自の採点でランキングの画像1

 先週は今年デビューするキタサンブラック、ドレフォン、シルバーステート、イスラボニータなどの新種牡馬を紹介した。どれも魅力的な馬ばかりだが、この新種牡馬の壁となる最大の存在を忘れてはならない。それがディープインパクトだ。

 残り2世代となったディープインパクトだが、現2歳世代は113頭が競走馬登録されている。その1頭であるコマンドラインは早くも新馬戦を快勝し、その素質の高さから来年の日本ダービー候補と評価も高い。しかし、まだまだ粒ぞろいの素質馬がおり、これから秋に向けて続々デビューを控えている。

 ディープインパクト産駒はここまで日本ダービーを7勝し、コントレイルがクラシック三冠を、さらにジェンティルドンナが牝馬三冠を達成するなど、その活躍は史上最高種牡馬と名高い。当然のことながら、来年のクラシック戦線に向けても中心は譲れないところだろう。

 そんな2021年のディープインパクト2歳世代をチェックし、その中で来年のダービー候補となり得る注目の20頭を紹介する。なお今回は血統・厩舎・生産者・誕生日などを踏まえ、独自の指標で日本ダービー候補としての評価を採点する。
(4つの指標で各項目5点満点 最大20点)


■2021-2022年デビューのディープインパクト産駒 期待馬20頭

1位:ディーンズリスター【19点】

血 統【5】母ラヴズオンリーミー(母父Storm Cat)
厩 舎【5】矢作芳人(栗東)
生 産【5】ノーザンファーム
誕生日【4】2/14

 ラヴズオンリーユーの全弟で期待は大。サンデーレーシングにて1億5000万円(1口375万円×40口)で募集された期待馬。実は話題のコマンドラインより評価は上だ。サンデーレーシングの同馬紹介文には「父(ディープインパクト)が晩年に残した最高傑作」と絶大な評価。当然ノーザンファームの生産馬は満点の5点。さらに血統も文句なしで、矢作厩舎はコントレイルとディープブリランテで日本ダービー2勝と非の打ち所がない状況。2月生まれはディープインパクト産駒の日本ダービー馬7頭中1頭に該当。


2位:サンセットクラウド【18点】

血 統【4】母ロードクロサイト(母父Unbridled’s Song)
厩 舎【5】矢作芳人(栗東)
生 産【5】ノースヒルズ
誕生日【4】3/7

 昨年の三冠馬コントレイルの全弟だが、同馬は芦毛なので母ロードクロサイトの血が強く出ている可能性がある。その場合は短距離向きになりそうで、日本ダービーの2400mは長いかも。ノースヒルズの生産馬で5点。名門矢作厩舎も満点評価だが、コントレイル以外の兄姉が今一つの成績なので、全弟だからといって過度な期待はできない。とはいえ兄同様の能力があれば兄弟制覇も現実に。

シルバーステートらJRA新種牡馬の高い壁。「2021ディープインパクト産駒」の注目20頭と日本ダービー候補を独自の採点でランキングのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!