NEW

JRA【札幌】先週も大暴れ! 北の大地は「札幌馬主」で万馬券祭り? 今週狙うべき地元馬主の美味しい勝負馬

【この記事のキーワード】, ,

JRA【札幌】先週も大暴れ! 北の大地は「札幌馬主」で万馬券祭り? 今週狙うべき地元馬主の美味しい勝負馬の画像1

 JRAに存在する全国10の競馬場にはそれぞれ馬主協会があり、地元の馬主や縁のある馬主などが所属している。馬主協会に所属していない馬主もいるようだが、基本的にはほとんどの馬主がどこかの馬主協会(馬主によっては複数の馬主協会)に所属しているようだ。

 馬主協会に所属すれば様々な恩恵や行事、交流があり、例えば中山馬主協会は有馬記念(G1)前にアイドルグループのAKB48を招いてイベントを開催したこともある。また、それぞれの馬主は開催中の地元競馬場で勝利をあげることに力を入れる傾向にあり、それが馬券的にも美味しい結果に結びつくことも多々あるようだ。

 先週から開幕した札幌競馬は、JRAの中でも函館とともに夏しか開催されない特別な競馬場。ゆえに地元札幌馬主の勝負度合いは高い。

 例えば先週も土曜2Rで2頭が馬券に絡み、3Rは11番人気エレファンティネが勝利(単勝6770円)。その後も6Rでワンツーフィニッシュを決め、7Rも勝利。10R、11Rの特別戦でともに2着と、札幌馬主協会に所属するご当地馬主の馬が好走した。

 やはりご当地馬主の勝負度合いを把握することは重要……そんな「ご当地馬主の勝負馬」をチェックするのが、当コラムの目的だ。ぜひ馬券の参考にしていただければと思う。

 札幌馬主協会に所属する大物馬主はやはり現会長の吉田照哉氏だ。社台ファームの代表であり、日本生産者のリーダー的存在。系列の社台レースホースも協会に所属し、さらにノーザンファームの吉田勝己氏も常務理事に就いている。

 前会長で現名誉会長は、今年の宝塚記念(G1)に出走予定の菊花賞馬キセキを生産した下河辺牧場代表の下河辺俊行氏。ゴドルフィンのモハメド殿下は名誉顧問。さらに岡田牧雄常務理事、浅沼廣幸常任幹事も札幌馬主協会の重鎮。

 そしてビッグレッドファーム、ラフィアン、ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオンといったクラブや牧場系列の馬主も目立つ。今週行われる札幌競馬場のレースから、特に推奨するご当地馬主の勝負馬は以下の通りだ。


【土曜】札幌ご当地馬主の狙い
札幌3R 3歳未勝利(芝2600m)

本命ご当地馬主
◎グレイシャーベイ(ゴドルフィン)

ご当地馬主
エルディアブロ(社台レースホース)
コーズウェイヘッド(ゴドルフィン)
ジャストフィット(嶋田賢)
ポンフー(ラ・メール)

 ご当地馬主の出走馬5頭の中で、中心は札幌馬主協会名誉顧問・ゴドルフィンのグレイシャーベイ。先行有利のコースで同馬の脚質と2kgの減量は大きなプラス。4枠5番も乗りやすいだろう。エルディアブロは初芝だが父キングカメハメハ母の父ジャングルポケットなら一変も期待できる。他の3頭は成績的に今一つだが、ライバルが低レベルなので激走も可能。札幌馬主の上位独占で高配当を狙いたい。


札幌11R STV賞(芝1500m)

本命ご当地馬主
◎シュバルツカイザー(ゴドルフィン)

ご当地馬主
バルトリ(ゴドルフィン)

 このレースは2頭のゴドルフィンに注目。特にシュバルツカイザーは札幌芝1500mで絶対的に有利な1枠1番をゲットしたのが大きい。2戦2勝と相性抜群の鞍上を確保したのも勝負気配の表れ。3歳馬で斤量も有利であり中心は不動。バルトリは外目の枠に入ったが、もともとルメールが重賞でもやれると高く評価していた馬で、芝1400mを1分21秒で勝利した前走から昇級しても即通用か。

JRA【札幌】先週も大暴れ! 北の大地は「札幌馬主」で万馬券祭り? 今週狙うべき地元馬主の美味しい勝負馬のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声