NEW

JRAマイネル軍団「鞍上」激変!? お抱え騎手の「今後」はいかに……4年間未勝利だったあの騎手と、その男を救った故・岡田総帥は何を思う?

【この記事のキーワード】

, ,

JRAマイネル軍団「鞍上」に変化あり!? お抱え騎手の今後はいかに……4年間未勝利だったあの騎手と、その男を救った故・岡田総帥は何を思う?の画像1
柴田大知騎手 撮影:Ruriko.I

 今週末の競馬も、出走馬と枠順が確定した。筆者はここ数週間、出走馬と騎手が確定する毎に、ある種の“変化”を感じずにはいられない。

 それは今年3月に亡くなった岡田繁幸さん(享年71)が設立したクラブ馬主「サラブレッドクラブ・ラフィアン」所有馬に騎乗する騎手の顔ぶれが、じわじわと変貌を遂げている点だ。

「マイネル軍団」の総帥と呼ばれた故・岡田さん。妻の美佐子氏が代表を務めるビッグレッドファームなどの所有馬、つまり総帥の息がかかる馬の鞍上は、ほぼ固定されていた事実は、競馬ファンならご存知だろう。

 主戦・柴田大知騎手は2012年、当時は総帥が代表を務めていたビッグレッドファーム生産のコスモオオゾラで弥生賞(G2)優勝。翌年のNHKマイルC(G1)も「マイネル軍団」のマイネルホウオウで制して、自身初G1制覇を果たした。

 それ以来、柴田大騎手といえばラフィアンの“お抱え騎手”としての地位を確立した感がある。同騎手の“涙の勝利騎手インタビュー”を覚えている競馬ファンも多いだろう。

 丹内祐次騎手も“お抱え騎手”のひとり。同騎手が直近5年で記録した勝利数は112勝。そのうち46勝がラフィアンの所有馬で、23勝がビッグレッドファームの馬。さらに総帥の個人所有馬なども合わせると、合計で約80勝になる。つまりここ5年の丹内騎手にとって、白星の約70%は岡田さんの関連馬だったのだ。

 しかし、この“蜜月”関係は徐々に崩壊しつつある。前出の主戦騎手たちの起用は減る一方で、「マイネル軍団」にリーディング上位騎手を起用する傾向が見えてきたのだ。

JRAマイネル軍団「鞍上」激変!? お抱え騎手の「今後」はいかに……4年間未勝利だったあの騎手と、その男を救った故・岡田総帥は何を思う?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!