NEW

JRA史上初「G1・17勝」夢の配合馬が伝説の新馬戦デビュー!? 同条件から後のG1馬が多数出現、今年も期待良血馬続々……

【この記事のキーワード】

, ,

JRA史上初「G1・17勝」夢の配合馬が伝説の新馬戦デビュー!? 同条件から後のG1馬が多数出現も今年も期待良血馬続々……の画像1

 20日、阪神5Rに行われるメイクデビュー、芝1600mの2歳新馬戦。

 2014年の阪神JF(G1)を鬼脚で制したショウナンアデラの初仔、ショウナンハクラク(牡2歳、栗東・松下武士厩舎)がいよいよデビューを迎える。

 父は現役時代14戦14勝、G1・10勝を挙げた欧州最強馬フランケル。ショウナンアデラの父はご存知ディープインパクトだ。父フランケル、母の父ディープインパクト、合わせるとG1・17勝という夢の配合は、本馬がJRA史上初となる。まさに注目の1頭と言ってよいだろう。

 管理する松下師も「フランケル産駒で、サンデーサイレンスの血が入っている。この血統が最大の魅力ですね」と目を輝かせているようだ。ただ、気性的にやや気難しいフランケル産駒でもあるため、調整は慎重に進められているという。

 父フランケル、母の父ディープインパクト。血統面だけ見ても新馬戦はあっさりと通過してしまいそうな雰囲気でもある。

 しかし、今回ショウナンハクラクが出走するメイクデビューに限って言えば、一筋縄ではいかないかもしれない。出走頭数は7頭と少ないが、非常に粒ぞろいのメンバー構成となったようだ。

JRA史上初「G1・17勝」夢の配合馬が伝説の新馬戦デビュー!? 同条件から後のG1馬が多数出現、今年も期待良血馬続々……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!