NEW

武豊「メッチャいい!」と惚れ込んだ大器が引退……兄エアスピネルと「初の兄弟対決」は、あと一歩で幻に

【この記事のキーワード】

, ,

武豊「メッチャいい!」と絶賛した大器エアウィンザー引退。兄エアスピネルと「初の兄弟対決」は、あと一歩で幻に……の画像1

 19日、2018年のチャレンジC(G3)を勝ったエアウィンザー(セン7歳、栗東・新谷功一厩舎)が登録を抹消。7月のプロキオンS(G3)に向けて調整されていたが、現役を引退し、滋賀県の甲南馬事公苑で乗馬になることが決まった。

「メッチャいい――!」

 2016年9月、デビュー前のエアウィンザーに騎乗した武豊騎手は、開口一番に若き大器を絶賛した。

 父はキングカメハメハ、母は秋華賞馬エアメサイアという超良血馬。そして何よりも、当時は全兄のエアスピネルが、武豊騎手とのコンビでクラシックを奮戦中。レジェンドジョッキーが期待を寄せるのも当然で、周囲の関係者からは「兄以上の大器」という声もあった。

 そんなエアウィンザーだったが、単勝1.3倍に推されたデビュー戦でいきなり躓いた。出遅れが響き、後の共同通信杯(G3)3着馬ムーヴザワールドにクビ差後れを取ったのだ。レース後、「まだ全体的に緩い。本気で走れない体」と今後の課題を指摘した武豊騎手も落胆の色が隠せない様子だった。

武豊「メッチャいい!」と絶賛した大器エアウィンザー引退。兄エアスピネルと「初の兄弟対決」は、あと一歩で幻に……の画像2

「当時2016年は翌年に大阪杯とホープフルSのG1昇格が控えており、朝日杯フューチュリティS(G1)を残してJRA全G1制覇にリーチを掛けていた武豊騎手にとっては、一時的にせよ記録を達成できる大きなチャンスという年でした。

それだけにエアウィンザーへの期待は大きかったと思いますね。兄のエアスピネルは前年の朝日杯FSで単勝1.5倍に推されながらも、ゴール前でリオンディーズに強襲されての2着。エアウィンザーは、そんなリオンディーズを手掛ける角居勝彦厩舎の管理馬という縁もあって、武豊騎手にしても『今度こそ』という思いがあったと思います」(競馬記者)

 武豊騎手の指摘通り、まだ幼さを残していたエアウィンザーは単勝1.1倍に応えて未勝利戦こそ勝利したものの、その後は連敗。クラシックの登竜門となる共同通信杯で6着に敗れると無念のコンビ解散……。エアウィンザーはこの春全休となった。

 次に武豊騎手×エアウィンザーのコンビが組まれたのは2年後だった。

武豊「メッチャいい!」と惚れ込んだ大器が引退……兄エアスピネルと「初の兄弟対決」は、あと一歩で幻にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!