NEW

JRAマーメイドS(G3)横山親子が高配当の使者!? 「母娘制覇」狙うクラヴェルに51kgで騎乗!横山典弘が「父の威厳」見せる!?【八木遊のフォーメーション馬券予想】

JRAマーメイドS(G3)横山親子が高配当の使者!? 「母娘制覇」狙うクラヴェルに51kgで騎乗!横山典弘が「父の威厳」見せる!?【八木遊のフォーメーション馬券予想】の画像1

 20日の阪神メインは、牝馬によるハンデ重賞・マーメイドS(G3)だ。過去10年で“平穏”に収まったのは、「3-2-6」番人気で決まった2017年くらい。今年も上位人気は割れており、出走する16頭すべてにチャンスがありそうだ。

 18年から3年連続で格上挑戦の馬が勝っているが、今年は前走3勝クラスで4着に敗れた13番クラヴェル(牝4歳、栗東・安田翔伍厩舎)を「◎」に指名したい。

 昨年8月に新潟で2勝クラスを勝った後は、3勝クラスで「3→5→4→4」着と惜敗が続いている。ただし戦ってきた相手は決して弱くない。3着に敗れた昨秋の大原Sで先着を許したのは、後に大阪杯(G1)を勝ったレイパパレ。その後もデゼルやウインキートスなどの重賞勝ち馬と差のない競馬をしている。

 前走のシドニーTでは、勝ったソフトフルートに0秒2差をつけられた。前回はともに55kgを背負っていたが、今回はクラヴェルが51kgでの出走。一方のソフトフルートは54kg。前日時点ではソフトフルートの方が人気を集めているが、斤量の差だけ見れば、逆転のチャンスは十分あるだろう。

 血統も魅力的だ。クラヴェルの母ディアデラマドレは、格上挑戦で臨んだ7年前のこのレースを制している。クラヴェルにとって、初の重賞舞台で母娘制覇を狙う。

 鞍上は53歳の大ベテラン、横山典弘騎手。クラヴェルとは6戦連続のコンビとなる。安田翔厩舎とは相性が良く、キングオブコージで昨年の目黒記念(G2)を制している。前日最終6番人気なら、狙わない手はないだろう。

JRAマーメイドS(G3)横山親子が高配当の使者!? 「母娘制覇」狙うクラヴェルに51kgで騎乗!横山典弘が「父の威厳」見せる!?【八木遊のフォーメーション馬券予想】の画像2

「○」は、横山典騎手の長男・横山和生騎手が騎乗する8番ソフトフルート(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 シドニーTでクラヴェルを破り、今回が昇級初戦。ただし、こちらは昨秋に大舞台を経験している。昨年10月の秋華賞(G1)では、道中最後方を進むと、上がり最速の末脚を繰り出し、3着に追い込んだ。

 続くエリザベス女王杯(G1)でも6着に入り、そのポテンシャルの高さを示した。その後は自己条件の3勝クラスで2戦連続5着に敗れていたが、前走で念願のオープン入り。昨秋の経験を生かす時だ。

 血統的には、父ディープインパクトの存在が後押しする。過去10年で、ディープインパクト産駒は「3-3-0-8」とマーメイドSとは好相性を誇る。

 斤量の差でクラヴェルを上に取ったが、同斤量なら実力はこちらが上だろう。テン乗り横山和騎手と父・典弘騎手が最後の直線で追い比べを演じれば、高配当は間違いない。

JRAマーメイドS(G3)横山親子が高配当の使者!? 「母娘制覇」狙うクラヴェルに51kgで騎乗!横山典弘が「父の威厳」見せる!?【八木遊のフォーメーション馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】