NEW

JRAラペルーズ「被害者」から一転「加害者」に!? ユニコーンS(G3)「乗り難しい」C.ルメールもついにお手上げ、ダートの怪物候補が露呈した精神的な脆さ

JRAラペルーズ「被害者」から一転「加害者」に!? ユニコーンS(G3)「乗り難しい」C.ルメールもついにお手上げ、ダートの怪物候補が露呈した精神的な脆さの画像1

 20日、東京競馬場では、3歳ダート重賞・ユニコーンS(G3)が開催された。過去、タイキシャトル、アグネスデジタル、カネヒキリをはじめ、多数の名馬を輩出した名馬の登竜門的なレースである。

 そんな注目の一戦を制したのは坂井瑠星騎手のスマッシャー。19年ぶりに7番人気馬が勝利し、2着に14番人気サヴァ、3着には3番人気ケイアイロベージが入り、3連単は79万3400円の大波乱となった。

 その一方で、1番人気に支持されたラペルーズ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)は、これといった見せ場もないまま13着。1番人気で11着に敗れた前走・青竜S(OP)に続いて二桁着順という大敗を喫してしまった。

「いいポジションを取れたが早めに疲れてしまった。気性的に乗り難しい」

 ルメール騎手がそう振り返ったように、ラペルーズの精神的な危うさが露呈したレースでもあった。

 16頭立てフルゲートのダート1600m戦。4番ラペルーズはゲートが開いた直後に外側へ逃避行する行儀の悪いスタート。この“タックル”の煽りを受けた5番イグナイター、6番クリーンスレイト、7番ケイアイロベージが玉突きのような格好で被害を受ける。バランスを崩したケイアイロベージには特に大きな不利となった。

 前回とは違い、ポジションこそ中団の8番手につけたラペルーズだが、最後の直線を迎えても反応なし。ルメール騎手の懸命なアクションも虚しく、ズルズルと下がってしまった。

 前走はスタート直後に隣のユアヒストリーにぶつけられた影響もあって、最後方からのレースとなったラペルーズ。その後も末脚は鳴りを潜め、ほぼ回って来ただけのような終戦。

JRAラペルーズ「被害者」から一転「加害者」に!? ユニコーンS(G3)「乗り難しい」C.ルメールもついにお手上げ、ダートの怪物候補が露呈した精神的な脆さの画像2

 レース後、ルメール騎手が「スタートから全く進んで行きませんでした」とコメントしたように、不可解な凡走だった。

「インから突き抜けたヒヤシンスS(L)とは別馬のような惨敗でした。父のペルーサも気性の難しさで陣営の手を焼かせた馬でしたが、産駒のラペルーズも例外ではなかったかもしれない

どうも気性的に繊細なようで、気分が乗らないと走るのをやめてしまっている感じです。ルメール騎手をして『乗り難しい』と弱音を吐かせてしまったのは重症かもしれません」(競馬記者)

 前走は自身が被害に遭ったが、今回はタックルを浴びせる側の加害者になってしまったラペルーズ。名手でさえお手上げの気分屋に、大きな課題が立ちはだかった。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRAラペルーズ「被害者」から一転「加害者」に!? ユニコーンS(G3)「乗り難しい」C.ルメールもついにお手上げ、ダートの怪物候補が露呈した精神的な脆さのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!