NEW

JRA宝塚記念(G1)断然1番人気サートゥルナーリアはなぜ「轟沈」したのか!? クロノジェネシス、レイパパレに漂う危険な臭い…… 「18万馬券」が飛び出した背景に攻略のカギ?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA宝塚記念(G1)断然1番人気サートゥルナーリアはなぜ「轟沈」したのか!? クロノジェネシス、レイパパレに漂う危険な臭い…… 「18万馬券」が飛び出した背景に攻略のカギ?の画像1
無敗大阪杯を制したレイパパレの連勝は続くのか

 27日、阪神競馬場では前期競馬を締めくくる夏のグランプリ・宝塚記念(G1)が開催される。

 昨年の同レースと有馬記念(G1)を制したクロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)は、グランプリ3連覇の懸かる大一番。主戦・北村友一騎手の負傷という想定外のアクシデントも発生したが、騎手リーディングを独走するC.ルメール騎手への乗り替わりとなった。

 これに対し、デビューから無傷の6連勝で今年の大阪杯(G1)を制したレイパパレ(牝4、栗東・高野友和厩舎)と川田将雅騎手のコンビが、偉業に待ったを掛けられるかにも注目だ。

 下馬評では、2頭の一騎打ちムードとなりそうな様相を呈しているが、宝塚記念は一筋縄ではいかないレースでもある。過去10年で1番人気馬がわずか2勝のみ。6番人気以下の穴馬が4勝を挙げたほか、二桁人気の大穴が激走することも珍しくはない。

JRA宝塚記念(G1)断然1番人気サートゥルナーリアはなぜ「轟沈」したのか!? クロノジェネシス、レイパパレに漂う危険な臭い…… 「18万馬券」が飛び出した背景に攻略のカギ?の画像2
主戦の北村友一騎手からC.ルメール騎手に乗り替わるクロノジェネシス

 昨年は2番人気のクロノジェネシスが混戦をモノにしたとはいえ、2着に6番人気の伏兵キセキ、3着には12番人気の大穴モズベッロが食い込む大波乱。3連単の払戻は18万3870円という高配当が飛び出した。単勝2.4倍の断然1番人気に支持されたサートゥルナーリアは4着に敗れ、勝ち馬から13馬身近くも離される大敗を喫している。

 では、なぜこれほどまで宝塚記念が難解なのか。

 その理由として考えられるのは、秋を見据えたトップクラスの馬が参戦に積極的ではないことも大きい。梅雨に差し掛かる6月下旬という時期は、阪神開催も終盤に差し掛かるタイミング。開幕週とは異なり、馬場の傷みも進んでスピードよりもパワーを要するケースも多い上に、梅雨の影響もあって良馬場での開催が見込みにくい。

 さらに、大阪杯や春の天皇賞(G1)で激走した馬は、目に見えない疲れが残っている可能性も高い。出走したとしても、すでにお釣りが残っていなかったという誤算も十分に起こり得るだろう。

 昨年敗れたサートゥルナーリアにしても、3月の金鯱賞(G2)を快勝して、十分な間隔があった2走目だったにもかかわらず、能力を発揮できないまま敗れた。ロードカナロア産駒の同馬には、元騎手でホースコラボレーターの細江純子氏がレース前に「重心の低さと背中の短さから、長い距離ではなく、マイルから中距離体型となっています」と診断していたように、前走からの距離延長も決してプラスといえない事情もあったのだ。

 出走各馬の状況をしっかりと見極めることが出来ていれば、18万馬券を的中することも簡単だったかもしれない。とはいえ、一般のファンは関係者との繫がりを持たないため、どうしてもマスコミが流す耳障りのいいコメントを頼りにするほかない。残念なことに、このような状況を作り出しているのは、表面的な情報しか知らせてくれない多くの新聞やTVなどのメディアである。

 そして、これらを鵜呑みにした大多数のファンが、最終的な各馬の人気を形成する。その結果、危険な人気馬が敗れ、一発を狙う陣営から送り込まれた絶好調の刺客が激走するという悪循環に陥ってしまうのだ。

 結局、表面的な情報に惑わされる「負け組」から抜け出すためには、信用できる確かな情報を手に入れるしか、打開策が残されていないという厳しい現実に直面する。かといってそんな都合のいい話があるなら苦労はないだろう。

 今年の宝塚記念で上位人気が予想されるクロノジェネシスやレイパパレにしても、盲目的に信じてしまうには、少なからず不安がある。どちらも信じていいのか、それとも片方は不安があるのか、はたまた2頭とも……。

JRA宝塚記念(G1)断然1番人気サートゥルナーリアはなぜ「轟沈」したのか!? クロノジェネシス、レイパパレに漂う危険な臭い…… 「18万馬券」が飛び出した背景に攻略のカギ?の画像3
8番人気の伏兵ダノンキングリーを狙い打って馬連29万5000円を的中

 そこで、救世主となり得るのが他の追随を許さない情報量と、その正確さで高配当的中を連発しているプロの集団『競馬セブン』の存在だ。プロである彼らが武器とするのは徹底した現場主義。当日の各馬の状態や馬場コンディション、枠の有利不利やレース展開、天候など、細部に至るまで目を光らせている。

 これを可能にしているのは、競馬セブンに元JRA競馬学校教官の徳吉一己氏をはじめ、昭和41年から35年間、専門紙「勝馬」の看板トラックマンとして活躍した古川幸弘氏などトップクラスの精鋭だ。「トレセン」、「馬主」、「生産者」と、各分野のスペシャリストを中心とする幅広いネットワークを構築し、独自ルートで直前まで関係者の本音や、現場情報の入手を実現しているのだ。

 波乱の続いた春G1でも、競馬セブンは10戦7勝と絶好調。計139万円を獲得してその実力を存分に発揮した。大本命エフフォーリアが敗れた日本ダービー(G1)や8番人気の伏兵ダノンキングリーがグランアレグリアを破った安田記念(G1)も、プロにとっては「ドル箱」だったというのだから、人気に振り回される我々のような素人とは一線を画している。

 ちなみに今年の宝塚記念についても『競馬セブン』は、早くも激走必至の穴馬を把握しているというのだから、さすがプロというしかない。我々ファンからしたら垂涎の情報だけに何とか教えてもらえないかと交渉してみたところ、「一部でよければ」という条件でOKが出たので少しだけ紹介したい。

「今年の宝塚記念の下馬評はクロノジェネシスVSレイパパレの構図となっていますが、いずれも絶対の信頼を置けるのかとなると、決してそうではありません。クロノジェネシスは昨年と違って海外遠征からの復帰初戦。レイパパレの大阪杯は展開に恵まれたことも大きかった上に、コントレイルが回避したように消耗の激しいレースでした。

関係者情報で有力馬の危険情報や厩舎・騎手の本音、馬主・生産者の裏話を競馬セブンは独占入手しています。極秘で人気薄確実な隠れ穴馬をつかんでいますが、全てが完全オフレコ情報のため、申し訳ないですがここで詳細についてはお伝えできません。

この記事をご覧頂いている方に限り特別に、『宝塚記念・3点勝負買い目』を無料配信致します。しかも、自信の証明として宝塚記念が馬連3点で獲れなければ、有馬記念までの全GI情報も無料公開します。また、次週以降の競馬セブンが誇る馬券師の勝負買い目を無料公開します」(競馬セブン関係者)

JRA宝塚記念(G1)断然1番人気サートゥルナーリアはなぜ「轟沈」したのか!? クロノジェネシス、レイパパレに漂う危険な臭い…… 「18万馬券」が飛び出した背景に攻略のカギ?の画像4
春G1は10戦7勝、馬連だけでも合計139万円獲得したプロ集団の実力

 勿論、これらは『競馬セブン』が把握している膨大な情報の概要に過ぎないというのだから驚きだ。すでに極秘入手しているという「人気薄確実な穴馬の激走情報」を知るには無料の会員登録を行うのみでいいのなら、登録しない理由はないに等しいといっても過言ではない。

 日本ダービー、安田記念の連勝でその実力を存分に見せつけた競馬セブン。「プロ」である彼らが、大きな利益を得られるのは、一般のメディアが見落としている独自の情報を入手できるからこそ。そして、競馬ファンなら誰もが欲しがる本物の情報を「完全無料」で手に入れる方法は簡単な手続きのみ。【宝塚記念・3点勝負買い目】でプロの最終結論をゲットして、「勝ち組」の仲間入りをしたいものだ。

CLICK→【無料公開!宝塚記念・3点勝負買い目と毎週の重賞情報!】競馬セブン

※本稿はPR記事です

JRA宝塚記念(G1)断然1番人気サートゥルナーリアはなぜ「轟沈」したのか!? クロノジェネシス、レイパパレに漂う危険な臭い…… 「18万馬券」が飛び出した背景に攻略のカギ?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!