NEW

「種牡馬引退」ハーツクライの現役時代と後継種牡馬の活躍「ディープインパクトとの因縁」を振り返る

【この記事のキーワード】, ,

「種牡馬引退」ハーツクライの現役時代と後継種牡馬の活躍「ディープインパクトとの因縁」を振り返るの画像1

 21日、ハーツクライ(牡20)が種牡馬を引退することが明らかになった。そこで今回は、同馬と、その後継種牡馬の現役時代と競馬界に残した功績を振り返りたい。

 ハーツクライの代表的なレースといえば、やはり2005年の有馬記念(G1)抜きでは語れないだろう。同馬はそれまで日本ダービー(G1)でキングカメハメハ、宝塚記念(G1)でスイープトウショウ、ジャパンカップ(G1)でアルカセットのそれぞれ2着と善戦こそすれ、勝ち切れなかった。

 だが、まだJRA所属前の短期免許で騎乗していたC.ルメール騎手を背に、それまで得意としていた差し追込みとは一変する先行策で、あの“無敗三冠馬“ディープインパクトに初めて土をつけてみせた。その後は海外遠征にも挑戦し、ドバイシーマクラシック(G1)を勝つ活躍を見せたが、その後、喘鳴症を発症し引退、種牡馬入りとなった。

 2007年から種牡馬入りしたハーツクライは、現在までに、後継種牡馬としてウインバリアシオン、ジャスタウェイ、ワンアンドオンリー、シュヴァルグラン、スワーヴリチャードなどを輩出している

 ウインバリアシオンは2008年にスーパーバレリーナ(母父:Storm Bird)との間に生まれ、G1勝ちこそ無いものの、青葉賞(G2)、日経賞(G2)を勝ち、日本ダービー、菊花賞(G1)、有馬記念でオルフェーヴルの2着、春の天皇賞(G1)でフェノーメノの2着と活躍した。現在は青森県の荒谷牧場で繋養されており、活躍馬の誕生が待たれる。

 ジャスタウェイは2009年にシビル(母父Wild Again)との間に生まれ、秋の天皇賞(G1)、ドバイデューティフリー(現ドバイターフ・G1)、安田記念(G1)を勝ち、ワールド・サラブレッド・ランキングに日本競馬史上初の単独1位になる活躍を見せた。現在はブリーダーズ・スタリオン・ステーションに繋養されており、産駒には既にホープフルS(G1)勝ち馬ダノンザキッド等が活躍している。

 ワンアンドオンリーは2011年にヴァーチュ(母父タイキシャトル)との間に生まれ、日本ダービーを勝ち、前年のキズナに続く生産牧場ノースヒルズの連覇となり話題となった。現在はアロースタッドに繋養されており、活躍馬の誕生が待たれる。

 シュヴァルグランは2012年にハルーワスウィート(母父Machiavellian)との間に生まれ、ジャパンカップを勝ち、半姉のヴィルシーナと共に、生まれつき尻尾の無い母からG1馬続出と話題になった。現在はブリーダーズ・スタリオン・ステーションに繋養されており、初年度産駒は2023年デビュー予定。

 スワーヴリチャードは2014年にピラミマ(母父Unbridled’s Song)との間に生まれ、大阪杯(G1)と2019年に死亡したディープインパクトを記念し副題としたディープインパクトメモリアル第39回ジャパンカップを勝ち、2着から4着までディープインパクトの子が入着したことで、親子の因縁と話題となった。現在は社台スタリオンステーションに繋養されており、初年度産駒は2023年デビュー予定。

 他にも、現役世代にはサリオス等の活躍馬がおり、将来的に種牡馬入りが期待されている。世界を股にかけた活躍を見せるハーツクライの血が、今後、どのような発展を遂げるか、孫の世代でもディープインパクトとの因縁の対決となるか、楽しみに見守りたい。

(文=蓬莱貴生)

<著者プロフィール>
小五でダビスタにハマり競馬と出会い二十余年。馬券よりも浪漫を求めがちだが、WIN5を買い始めから二戦二勝したことが些細な自慢。なお、現在の戦績は数えないようにしている。

「種牡馬引退」ハーツクライの現役時代と後継種牡馬の活躍「ディープインパクトとの因縁」を振り返るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと