NEW

JRA優勝賞金1億5,000万円!! クロノジェネシスかレイパパレか、それともアリストテレス? 宝塚記念(G1)優勝で決まる「賞金事情」とは

【この記事のキーワード】

, ,

JRA優勝賞金1億5,000万円!! クロノジェネシスかレイパパレか、それともアリストテレス? 宝塚記念(G1)優勝で決まる「賞金事情」とはの画像1

 2021年のJRA上半期を締めくくる宝塚記念(G1)。

 ヨシオとキングミニッツが出走回避を表明したことで、ゲートインする馬は13頭。やや寂しい感も否めないものの、同レースは年末の有馬記念(G1)と並ぶ、ファン投票で出走馬が決まるグランプリレースでもある。

 宝塚記念の1着賞金は1億5,000万円。これは同3億円のジャパンCと有馬記念、2億円の日本ダービーに次ぐ高額賞金で、春秋の天皇賞と同額。賞金面では、宝塚記念は数あるG1レースのなかでも、グランプリにふさわしいレースといえるだろう。

 この1億5,000万円を狙う13頭のなかには、自身の賞金にまつわる記録がかかる馬もいる。

JRA優勝賞金1億5,000万円!! クロノジェネシスかレイパパレか、それともアリストテレス? 宝塚記念(G1)優勝で決まる「賞金事情」とはの画像2

 1頭目は、グランプリ3連覇を狙うクロノジェネシスだ。宝塚記念出走直前の現時点で、JRAでの獲得本賞金(以降、本賞金)は8億5,250万円。

 もしもクロノジェネシスが勝利すれば、JRAでの本賞金は10億円を突破。これは牝馬として史上5頭目の“大台”突破となる。

 牡馬よりも現役生活が短い傾向にある牝馬ながら、過去に「10億円超え」を記録したほか4頭の牝馬たちは、みな歴史に名を刻む女傑ばかり。

 ウォッカとジェンティルドンナの本賞金は約12億円で、ブエナビスタは約13億円。そしてトップに立つのが、約14億円を稼いだアーモンドアイだ。

 アーモンドアイの場合、海外での賞金や、ほか諸々の出走手当などを含めた総獲得賞金を計算すると、その総獲得賞金は約19億円。キタサンブラックやテイエムオペラオーの約18億円を押さえて、牡馬を含めた日本競馬のなかで歴代1位に輝いている。

 果たしてクロノジェネシス優勝で、牝馬5頭目の「10億円超え」なるか。ちなみに宝塚記念の2着賞金は6,000万円、3着3,800万円、4着2,300万円、5着1,500万円で、ここで10億円を突破した歴代の女傑たちに肩を並べるには、優勝するしかない。

JRA優勝賞金1億5,000万円!! クロノジェネシスかレイパパレか、それともアリストテレス? 宝塚記念(G1)優勝で決まる「賞金事情」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!