NEW

JRA「2カ月間の調教停止処分」大竹正博厩舎に“逆転無罪”の可能性!? 警察は捜査継続も異例の“タイムアウト”で処分…カフェイン摂取で無罪だった「ピンクブーケ事件」とは

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「2カ月間の調教停止処分」大竹正博厩舎に逆転無罪の可能性!? 警察は捜査継続も異例のタイムアウトで処分…カフェイン摂取で無罪だった「ピンクブーケ事件」とはの画像1

 23日、JRA(日本中央競馬会)は昨年11月7日の東京4Rで1位入線したソーヴァリアント(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)から、JRAが禁止薬物に定めるカフェインが検出された件で、管理する大竹調教師に24日から8月23日までの2カ月間の調教停止処分とすることを発表した。

 なお、大竹厩舎で管理する58頭は、すべて手塚貴久厩舎へ転厩することも同時に発表されている。

 昨年11月から半年以上が経過していながら「異例」ともいえる2カ月間の調教停止処分という、非常に重い処分で決着した本件。本来なら大竹厩舎に処分に値するだけの重大な過失があってもおかしくないが、JRAの審判担当となる福田正二理事のコメントによると「現在までに原因の解明までは至っていない」とのこと。

 また、美浦トレセンの松窪隆一公正室長が「事案発生から約8カ月が経つこともあり、いったんの区切りをつけるべきと考えた」と話すなど、なんとも中途半端な状況での処分決定となったようだ。

 こういった背景もあり、JRAの発表直後からネット上の競馬ファンの間ではSNSや掲示板などで「原因が特定できてない段階なのに、処分が重すぎる気が」「(現状)管理責任だけで2カ月間の調教停止って」「警察はまだ捜査を続けてるのに処分?」といった今回の決定について疑問の声が相次いでいる。

 ただ、そういった声はファンの間だけではなさそうだ。現場の記者が語る。

「ちょっと驚きましたね。JRAサイドによると、過去にも同様のケース(原因不明の禁止薬物事案、1989年のセンターアビー、1993年のファーストサクセス)があった際にも2カ月間の調教停止処分としていたことで、今回も同様の処分となったそうです。

ただ、ここまで処分がずれ込んだということは当然、大竹厩舎に非がない可能性が考慮されていたからで、ここに来て原因が特定できないから過去の事例に倣って2カ月間の調教停止という処分には、関係者の間でも『大竹厩舎が気の毒』という声もありますね」(競馬記者)

 記者曰く、関係者がそういった印象を持つのも、過去に今回のソーヴァリアントと同様に、レース後にカフェインが検出されながらも、“無罪”となった事例があったからだという。

JRA「2カ月間の調教停止処分」大竹正博厩舎に“逆転無罪”の可能性!? 警察は捜査継続も異例の“タイムアウト”で処分…カフェイン摂取で無罪だった「ピンクブーケ事件」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!