NEW

パチンコ店員が「至極の大当り対応」をする「激レア」!? お客様が笑顔になる「異例のトラブル」をご紹介!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ店員が「至極の大当り対応」をする「激レア」!? お客様が笑顔になる「異例のトラブル」をご紹介!!の画像1

 デジパチ界隈では目下『P牙狼 月虹ノ旅人』が話題を独占している状況ですが、出玉パフォーマンスという点において、本機に引けを取らない激アツ新台が登場しました。

 それは『P天龍∞2』でございます。

 玉の動きで全てを語る生粋の役物マシン。前作同様に3段クルーンが採用されている本機は、新たな要素として大量出玉を「おかわり」できるという特徴があります。

 役物内へ入賞した玉が、あらゆる難関を乗り越えてクルーン3段目の大当り穴に入れば、一度に「約6000発」もの出玉が払い出されるというシンプルかつパワフルなゲーム性。そして、この大当り終了後には、「闘龍門」が発生して4つ目のクルーンへ玉を入れることができるのです。

 ここで見事に当り穴へ入れることができれば再び「6000発」を獲得できる権利が得られます。発生は初当り後1回のみではございますが、それでも「最大1万2千発」を獲得できるという破格の出玉性能となっているのです。

 以前のコラムでもお話させていただきましたが、この手のアナログ機は傾斜調整によって獲得出玉が大きく左右する傾向がございます。パチスロの設定のように、意図的に甘い角度にしてお客様へ出玉を還元することが可能なのです。

 しかし、中には私のように傾斜調整に失敗し、予期せぬ大量出玉をプレゼントしてしまうという可能性もゼロではありません。遊べる程度に調整したはずが「7万発オーバー」の赤字となった際は、こっぴどく店長に叱られました。

 なんにせよ、このようなアナログ機において傾斜角度が出玉に大きく影響するというのは事実です。だからこそ、『P天龍∞2』の導入初日には「激アマの調整で営業するホールがあるのでは?」とちょっとした期待を抱いていたのでした。

 蓋を開けてみれば、私の期待以上の結果。「5万発」クラスの大量出玉が次々に報告され、中には「10万発」に迫る大記録を達成したホールもあったとか。力強い出玉性能であることは把握していましたが、まさかここまで派手な結果になるとは思ってもおりませんでした。

 店側の意図的なものなのか。それとも…。真意のほどは定かではありませんが、全国のアナログファンを唸らせる見事な結果を生んだと言えるでしょう。

パチンコ店員が「至極の大当り対応」をする「激レア」!? お客様が笑顔になる「異例のトラブル」をご紹介!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!