NEW

JRA宝塚記念(G1)ファン投票1位クロノジェネシスは大苦戦!? ドリームレースは「下剋上」が大量発生…… 「あなたの夢」も「私の夢」も無残な結果に

【この記事のキーワード】, ,

JRA宝塚記念(G1)ファン投票1位クロノジェネシスは大苦戦!? ドリームレースは「下剋上」が大量発生…… 「あなたの夢」も「私の夢」も無残な結果にの画像1

 24日に枠順が確定した宝塚記念(G1)。過去10年で7勝を記録している8枠の話題や、10年間未勝利の5枠に入ったクロノジェネシスの取捨は?といった具合に、上半期最後のG1レースを待ちわびる競馬ファンの間では、過去のデータ・傾向分析がさっそく行われている。

 しかしこうした予想は、往々にして裏切られるのが博打の常。誰もが知り得る情報は、あまり意味を持たないことは、博打を打ち続けているギャンブラーなら「言わずもがな」だろう。

 そこで今回は、上半期を締めくくるグランプリレースだからこそ、ひと味違った角度から予想をしてみたい。長い歴史を持つドリームレースを振り返りながら、「ファン投票」にクローズアップした傾向分析をしてみる。

 宝塚記念といえば、年末の有馬記念(G1)と同じく、ファン投票で出走馬が決定。ドリームレースとよばれる所以であり、元関西テレビ杉本清アナウンサーが残した「あなたの、そして私の夢が走ります」の名実況を覚えているファンも多いだろう。

 JRAの公式発表では、今年の宝塚記念ファン投票の有効票数は1,605,151票。去年から約20万票も増加している点は、昨今の競馬ブーム再燃の影響だろうか。

JRA宝塚記念(G1)ファン投票1位クロノジェネシスは大苦戦!? ドリームレースは「下剋上」が大量発生…… 「あなたの夢」も「私の夢」も無残な結果にの画像2

 ところが近年、競馬ファンの「夢」が詰まったファン投票1位馬の成績は、その夢を裏切る結果となっているのだ。過去10年、ファン投票1位に選ばれた馬は全部で6頭。2020年、19年と2年連続で1位となったアーモンドアイのように、2年連続でファン投票1位になった例は1頭で集計した。

 そのアーモンドアイは、残念ながら2年連続で不出走。18年にファン投票1位のサトノダイヤモンドは6着。17年、16年と2年連続1位のキタサンブラックは、それぞれ9着、3着に敗れた。

 さらに14年、15年も2年連続でゴールドシップが1位で選出も、15年は15着に惨敗。前年14年は優勝していただけに、当時の競馬ファンは大きな衝撃を受けた。

 そして12年、13年は、こちらも2年連続でオルフェーヴルが1位。12年は優勝も13年は不出走。最後に10年前の11年のファン投票1位はブエナビスタで、6番人気アーネストリーの2着に敗れている。

 結果、過去10年のファン投票1位馬の成績は、年単位で集計するとわずか2勝。2着・3着はそれぞれ1回で、残りは6着、9着、15着と、不出走が3回。近年のファン投票1位に選ばれた馬たちは、競馬ファンの「夢」を叶えることに大苦戦している。

 一方で、その「夢」を打ち砕く、ファン投票1位馬に土をつけた馬たちは、どのくらいの票を集めていたのか。

JRA宝塚記念(G1)ファン投票1位クロノジェネシスは大苦戦!? ドリームレースは「下剋上」が大量発生…… 「あなたの夢」も「私の夢」も無残な結果にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?