NEW

JRA 宝塚記念(G1)レイパパレ「取捨選択」の鍵はモズベッロ!? 頭鉄板「◎」クロノジェネシスから三連単「1点勝負」で的中を狙う!

JRA 宝塚記念(G1)レイパパレ「取捨選択」の鍵はモズベッロ!? 頭鉄板「◎」クロノジェネシスから三連単「1点勝負」で的中を狙う! の画像1

 今週は、上半期を締めくくる宝塚記念(G1)を予想していく。

 有馬記念(G1)と同様にファン投票で出走馬が決まることに加え、日本ダービー(G1)やジャパンC(G1)など王道とは異なる2200mという非根幹距離で行われるレース。現に、近10年でダービー馬が何頭も出走しているが、勝利したのは不良馬場の日本ダービーを制したオルフェーヴルのみと、王道で結果を出していた馬は苦戦している。

 そんな特殊な条件もあってか、2018年は三連単「49万馬券」という大荒れ。外国馬のワーザーが10番人気ながら2着となったことからも、波乱には警戒が必要だ。

 今年は既に2頭が出走を回避し、13頭立ての見込み。頭数は少ないだけに、回収率重視を目指したい。

JRA 宝塚記念(G1)レイパパレ「取捨選択」の鍵はモズベッロ!? 頭鉄板「◎」クロノジェネシスから三連単「1点勝負」で的中を狙う! の画像2

「◎」は、7番クロノジェネシスだ。

 同馬は稍重での開催となった昨年の宝塚記念で、2着のキセキに6馬身差をつける圧勝。3着のモズベッロには11馬身もの差をつけ、重適性を見せつけた。

 しかし、主戦の北村友一騎手が落馬負傷のため、今回はC.ルメール騎手が騎乗。これまでルメール騎手は宝塚記念に6回騎乗しているが全て馬券圏外に敗れており、この乗り替わりを不安視する声も上がっている。

 ただ、これに関しては全く心配しなくていいだろう。

 冒頭でも触れたが、宝塚記念は基本的にコース設定自体が特殊。リーディング上位騎手が騎乗するような、王道路線で強い馬たちが能力を発揮しづらい舞台だからだ。

 今回のクロノジェネシスに関していえば、このコースでの適性を昨年証明済み。これまでルメール騎手が手綱を執ってきたアリストテレスから乗り替わることを考えても、昨年の同舞台で負かしたキセキ、モズベッロなどを含め、これらより信頼度は高い。

 むしろ逆に心配なのは王道路線に見られる瞬発力勝負だが、関係者は「瞬発力勝負になるとディープインパクト産駒に比べて劣りそうですが、当日は雨が降る予報ですからね。この馬に向く馬場になると思いますよ」とコメント。まさに鬼に金棒とはこのことで、不安要素はなく連覇濃厚と見た。

 問題は2番人気が予想されるレイパパレで、これがどこに入るかが今回の焦点となりそうだ。

 これまで、6戦全勝のレイパパレ。前走は初のG1挑戦となったが、今回の宝塚記念に出走するモズベッロを始め、三冠馬コントレイル、春秋マイルG1制覇のグランアレグリアを相手に圧勝を決めた。

 ただ、クロノジェネシス、カレンブーケドール、アリストテレス、キセキ辺りとは未対戦。今回はむしろこれら全てと対戦しているモズベッロにあえて注目したい。

■モズベッロに先着した馬の走破タイムと上がり3ハロン

2020年 天皇賞・春(京都・芝3200m)
キセキ 3:17.3(36.8)
モズベッロ 3:17.4(35.8)

2020年 宝塚記念(阪神・芝2200m)
クロノジェネシス 2:13.5(36.3)
キセキ2:14.5(37.2)
モズベッロ2:15.3(37.6)

2020年 有馬記念(中山・芝2500m)
クロノジェネシス 2:35.0(36.2)
カレンブーケドール2:35.6(36.8)
キセキ2:36.5(37.6)
モズベッロ2:38.2(38.5)

2021年 AJCC(中山・芝2200m)
アリストテレス2:17.9(37.4)
モズベッロ2:18.3(37.1)

2021年 大阪杯(阪神・芝2000m)
レイパパレ2:01.6(36.8)
モズベッロ2:02.3(36.8)

 モズベッロの上がりを上回ったのは、宝塚記念のクロノジェネシス、キセキと、有馬記念のクロノジェネシス、カレンブーケドール、キセキ。クロノジェネシスを除いては、カレンブーケドールとキセキの2頭しかいない。

 特に、有馬記念のカレンブーケドールは、キセキの上がりを上回り大きく先着。レイパパレはモズベッロと同じ上がりしか使えておらず、突き放せなかったのは気になる点だ。

JRA 宝塚記念(G1)レイパパレ「取捨選択」の鍵はモズベッロ!? 頭鉄板「◎」クロノジェネシスから三連単「1点勝負」で的中を狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  4. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  5. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち
  6. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  7. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  8. JRAオークスでファンを悩ませる川田将雅とアートハウス、ルメールとスターズオンアースの乗り替わり。そして盲点となる意外な穴馬!
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」