NEW

JRA 新種牡馬「絶好調」セレクトセールでも人気確実!? 福永祐一「絶賛」シルバーステートほか早くも3勝目を挙げた2歳産駒とは

【この記事のキーワード】

, ,

JRA 新種牡馬「絶好調」セレクトセールでも人気確実!? 福永祐一「絶賛」シルバーステートほか早くも3勝目を挙げた2歳産駒とはの画像1

 2歳の新馬戦が始まって約1カ月――。

 26日、札幌競馬場で行われた芝1200mの未勝利戦で2番人気のリトス(牝2歳、美浦・高橋裕厩舎)が、1番人気のブッシュガーデンに3馬身半差をつけ圧勝。新種牡馬シルバーステートの産駒が、早くも3勝目を挙げている。

 リトスはデビュー戦となった芝1000mのレースで、逃げ切りを許して2着と惜敗。この日は好スタートからハナを奪うと、最後まで脚は衰えず。騎乗した亀田温心騎手も「1200mに距離が延びたことでスタートは一番速いくらいでしたし、道中はマイペースで走れました。楽勝でしたね」と、そのスピード能力を高く評価した。

 リトスの父シルバーステートは、生涯成績5戦4勝で引退。昨年9月にアップされた『DMMバヌーシー公式チャンネル』では、主戦を務めた福永騎手が未だ消えぬ思いを語っている。

JRA 新種牡馬「絶好調」セレクトセールでも人気確実!? 福永祐一「絶賛」シルバーステートほか早くも3勝目を挙げた2歳産駒とはの画像2

 昨年、コントレイルとのコンビで史上3頭目となる無敗三冠を成し遂げるなど、今や押しも押されもせぬ日本を代表するジョッキーとなった福永騎手。数々の名馬に跨がってきた経験を以てして、「No.1」と言わしめたのがシルバーステートだった。

「最終的に競走馬として重賞を勝つこともなかったですし、大成することはできなかったですけど『そのエンジンの性能にボディがもたなかった』というのが、僕の印象です」

 その能力を認められながらも、2度の屈腱炎を発症して無念の引退。「幻のダービー馬」とまで称されたポテンシャルは誰もが認めるところで、産駒にも早くからその能力の一端いいが伝えられている。

 シルバーステートは現役時に、芝の1600mから2000mで勝利。現時点で産駒は芝1200mで2勝、芝1400mで1勝となっているが、これは2歳戦の距離編成も関係していると思われ、父の成績からも今後は中距離で活躍する馬も誕生しそうだ。

 一方で、素質馬が集まる芝1800mのレースを、短距離血統ながら勝利した新種牡馬産駒もいる。

 同日、26日に東京競馬場で行われた新馬戦を快勝した、ドレフォン産駒のジオグリフ(牡2歳、美浦・木村哲也厩舎)だ。

JRA 新種牡馬「絶好調」セレクトセールでも人気確実!? 福永祐一「絶賛」シルバーステートほか早くも3勝目を挙げた2歳産駒とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!