NEW

数分走って250万円獲得!? 衝撃の錬金術に競馬界も唖然……無念の回避も宝塚記念(G1)ヨシオの挑戦が示したもの

【この記事のキーワード】, ,

 それに宝塚記念はファン投票のグランプリレース。その中でヨシオはギベオンやマカヒキ、ダノンキングリー、インディチャンプなど並みいる強豪を差し置いて31位の票を集めた。実際に宝塚記念に出走するカデナの2倍以上、シロニイの3倍以上の票を集めており、宝塚記念出走馬の中に入っても8番目の票を集めているのだから、もし出走していたとしても批判されるものではないはずだ。

 オープンクラスに上がって成績が頭打ちの場合でも、レースの選択によってその競走馬の費用を稼ぐことができる意味は大きい。これは競走馬としては現役を続行するチャンスに繋がり、場合によっては引退後にその馬を世話するための費用にもなるからだ。

 そういった意味でもヨシオのG1挑戦は、経済的観点で考えれば非常に大きな意味があった。ルール上の盲点といえるものだが、同馬の負担やファンの感情を抜きにすれば評価されるべきものであり、他の馬主にとって驚きの錬金術とも言えるだろう。

 昨年のジャパンCからチャンピオンズCにおけるヨシオの挑戦は、競馬界では異端児ともいえるものであった。

 しかしヨシオの挑戦を考察することで、競走馬が経済動物であり、その維持管理には多額の費用が必要ということも改めて考えさせてくれた。ヨシオが引退後にどんな生活を送るのか、それはファンには分からない。今言えることは、残り少ない現役生活を全うし、引退後も健やかに余生を過ごしてほしいということ。そしてそのための手段としてG1レースに挑戦するのであれば、それはそれで応援するのみである。(文=仙谷コウタ)

<著者プロフィール>
初競馬は父親に連れていかれた大井競馬。学生時代から東京競馬場に通い、最初に的中させた重賞はセンゴクシルバーが勝ったダイヤモンドS(G3)。卒業後は出版社のアルバイトを経て競馬雑誌の編集、編集長も歴任。その後テレビやラジオの競馬番組制作にも携わり、多くの人脈を構築する。今はフリーで活動する傍ら、雑誌時代の分析力と人脈を活かし独自の視点でレースの分析を行っている。座右の銘は「万馬券以外は元返し」。

数分走って250万円獲得!? 衝撃の錬金術に競馬界も唖然……無念の回避も宝塚記念(G1)ヨシオの挑戦が示したもののページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール