NEW

JRA【CBC賞(G3)展望】22年ぶり「小倉開催」は3歳馬の一騎打ち!? 「坂路で絶好の動き」熊本生まれヨカヨカVS「距離短縮」で新味に期待ピクシーナイト!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA【CBC賞(G3)展望】22年ぶり「小倉開催」は3歳馬の一騎打ち!? 「坂路で絶好の動き」熊本生まれヨカヨカVS「距離短縮」で新味に期待ピクシーナイト!の画像1
ヨカヨカ 撮影:Ruriko.I

 7月4日、小倉競馬場では「サマースプリントシリーズ」の第2戦、CBC賞(G3)が開催される。

 夏の中京名物でもあるこのレースが小倉で行われるのは1999年以来、22年ぶり2度目。前回は武豊騎手が騎乗したアグネスワールドが単勝1.2倍の人気に応え逃げ切ったが、今回はどの馬が勝ち名乗りを上げるのか。さっそく展望していこう。

 小倉開催を最も喜んでいるのは、この馬の陣営かもしれない。九州・熊本県で生産されたヨカヨカ(牝3歳、栗東・谷潔厩舎)だ。

 昨年6月にデビューすると、2か月半の間に怒涛の3連勝。九州産馬限定のフェニックス賞(OP)とひまわり賞(OP)を圧倒的なスピードで逃げ切った。続くファンタジーS(G3)では5着に敗れたが、阪神JF(G1)では見せ場たっぷりの5着に健闘。年明け初戦のフィリーズレビュー(G2)2着後は桜花賞(G1)に挑んだが、スタートでやや出負けして17着に大敗していた。

 前走は久々となる1200mに距離を戻して葵S(重賞)に出走。ここでもやや出遅れて中団からの競馬になったが、伏兵レイハリアをハナ差に追い詰め、その実力を改めて示した。

 今回は初の古馬相手となるが、スタートさえ決めれば、そのスピードはひけを取らないはず。3歳牝馬でハンデにも恵まれそうだ。

 そして状態面も上向いている。23日の1週前追い切りは、栗東坂路でこの日の一番時計となる49秒6をマーク。ラストも11秒9と絶好の動きを披露した。九州産の星が2戦2勝の舞台で重賞初制覇を狙う。

 ヨカヨカの相手筆頭は同じ3歳馬になりそうだ。デビュー3戦目でシンザン記念(G3)を制したピクシーナイト(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)が、引き続き福永祐一騎手を背に2つ目の重賞タイトル獲りに臨む。

 デビューから2戦は1400m、シンザン記念からの3戦はマイル戦を使われてきた。アーリントンC(G3)は2番人気で4着、春の大目標・NHKマイルC(G1)は6番人気で12着に敗れ、やはりマイルは少し長い印象だ。

 前走はバスラットレオンがスタート直後に落馬。逃げ馬不在となるなか、ピクシーナイトがハナを切り、前半33秒7のハイラップで逃げたことが裏目に出た。

 初となる6ハロン戦を選択したということは、陣営としてもマイルは長かったという判断だろう。前走後はいったん放牧に出されたが、今月上旬に帰厩。坂路で3週連続好タイムをマークするなど、状態は上向いている。23日の1週前追い切りでは、栗東坂路で52秒0-11秒9(14.6-13.4-12.1-11.9)と加速ラップを刻んだ。距離短縮で新味を出せるか要注目だ。

JRA【CBC賞(G3)展望】22年ぶり「小倉開催」は3歳馬の一騎打ち!? 「坂路で絶好の動き」熊本生まれヨカヨカVS「距離短縮」で新味に期待ピクシーナイト!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!