NEW

女王クロノジェネシス凱旋門賞「鞍上」の行方は? 安藤勝己氏も絶賛、C.ルメールが宝塚記念で示した「無言のアピール」とは

 

女王クロノジェネシス凱旋門賞「鞍上」の行方は? 安藤勝己氏も絶賛、C.ルメールが宝塚記念で示した「無言のアピール」とはの画像1
宝塚記念を連覇したクロノジェネシスと、ガッツポーズするルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 27日、阪神競馬場で開催された春のグランプリ宝塚記念(G1)は、1番人気のクロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が勝利。史上3頭目となるグランプリ3連覇の偉業を成し遂げた。

「伝説」を残した史上最強牝馬アーモンドアイがターフを去って半年、1つ年下の新女王クロノジェネシスが正真正銘の現役最強の座に就いた。4月の大阪杯(G1)を勝利したレイパパレとの一騎打ちと見られたが、元JRA騎手の安藤勝己氏が言う「レベルが違う脚」でライバルたちを難なく差し切った。

 日本の頂点に立ったクロノジェネシスの次なる目標は当然、世界だ。本馬が所属するサンデーレーシングの吉田俊介代表が「これなら行ってもいい」とゴーサインを出した通り、日本競馬界の悲願となるフランスの凱旋門賞(G1)に挑む可能性が極めて高くなった。

 クロノジェネシスの凱旋門賞制覇が大きく期待されているのは、その能力も然ることながら、これまでの戦績や血統から重い欧州の馬場への適性が強く感じられるからだ。

 昨年の宝塚記念の6馬身差圧勝劇を始め、これまで雨で馬場が渋った時は4戦4勝と負け知らず。日本では珍しいレッドゴッド系の父バゴは2004年の凱旋門賞馬だ。

 日本で高いパフォーマンス示しながらも、欧州の馬場に泣いてきたこれまでの日本馬とは一線を画した存在だけに、日本の悲願達成に多くの競馬ファンが期待を寄せている。

 ただ、そうなってくると気になるのが、クロノジェネシスの鞍上問題だ。

女王クロノジェネシス凱旋門賞「鞍上」の行方は? 安藤勝己氏も絶賛、C.ルメールが宝塚記念で示した「無言のアピール」とはの画像2

 この日、代打騎乗で宝塚記念を勝利したC.ルメール騎手は開口一番、主戦の北村友一騎手へのメッセージを送る気遣いを見せている。本来であれば、北村友騎手が騎乗すべきだが、残念ながら5月に落馬負傷して戦線離脱中。復帰までには1年以上かかる見込みだ。

 そうなると、やはりフランスを母国とするルメール騎手が大本線となるが、この日の勝利騎手インタビューでは「誰が乗るのかはオーナーが決める」と話すに留めている。また、サンデーレーシングの吉田俊代表からも鞍上に関する具体的な発言はなかった。

「安藤勝己さんも『凱旋門賞につながる内容』と絶賛していましたが、この日のルメール騎手の騎乗は凱旋門賞での戦いを意識したものだったのかもしれません。

というのも北村友騎手が騎乗した昨年の宝塚記念や有馬記念(G1)で見せた騎乗は、中団やや後方から早めに先団を捉えに行く、いわばまくりのような競馬。それは宝塚記念の阪神や、有馬記念の中山のレースを勝つために有効な戦法です。

ただ、直線の長い競馬場が多い欧州では、まくりの競馬はほとんど見られませんし、凱旋門賞が行われるパリロンシャン競馬場は、まくりを仕掛ける勝負どころのコーナーにフォルスストレートと呼ばれる短い直線が存在するため、まくりを仕掛けることが極めて難しい舞台になっています。

今回ルメール騎手が見せた4番手からの正攻法は、凱旋門賞を戦う上で戦法に幅を持たせたる騎乗でした。そういった意味でも無言のアピールになったと思いますし、非常に意義のあるレースだったと思います」(競馬記者)

 日本ではもちろん、欧州でも数々の大レースを制した実績のあるルメール騎手だが、母国フランス最高のレース凱旋門賞を勝ったことはない。それだけにルメール騎手にとって、凱旋門賞制覇は夢ではなく、大きな目標の1つだ。

「一昨年のJRA主催の札幌セミナーで、ルメール騎手が『叶えたい一番の夢は、凱旋門賞を日本の馬で勝つこと。今まで勝てていないので、日本馬で勝てたら引退します』と話してたのを覚えています。もちろん冗談ですが、ルメール騎手にとってはそれくらい思い入れの強いレース。なんとしてもクロノジェネシスと共に欧州へ挑戦したいと願っていると思いますよ」(同)

女王クロノジェネシス凱旋門賞「鞍上」の行方は? 安藤勝己氏も絶賛、C.ルメールが宝塚記念で示した「無言のアピール」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?