NEW

JRAあわや「大惨事」福永祐一ジェラルディーナと謎の逃避行!? まるでアイビスサマーダッシュに怒号と称賛、一度はブチ切れたファンが手のひら返しで絶賛の真相とは

【この記事のキーワード】, ,

JRAあわや「大惨事」福永祐一ジェラルディーナと謎の逃避行!? まるでアイビスサマーダッシュに怒号と称賛、一度はブチ切れたファンが手のひら返しで絶賛の真相とはの画像1

 27日、阪神競馬場では今年上半期の総決算・宝塚記念(G1)が開催された。注目の一戦を制したのはC.ルメール騎手のクロノジェネシス。同馬は昨年に続く連覇、さらにはスピードシンボリ、グラスワンダーに次ぐ史上3頭目、牝馬では初のグランプリ3連覇という偉業を達成した。

 そんな僚馬の活躍とは対照的に、最終追い切りでクロノジェネシスの胸を借りたジェラルディーナは思わぬアクシデントに見舞われた。同馬は名牝ジェンティルドンナの娘。父モーリスの期待馬は8Rの城崎特別(3歳1勝クラス)に出走。福永祐一騎手とのコンビで4番人気に支持された。

 9頭立ての芝1800m戦。絶好のスタートを決めた1番人気ジオフロントは、一旦下げて好位の4番手につける。ハナを主張したウラエウスとフレーヴォが競り合う格好でレースを先導した。

 しかし、隊列が落ち着きかけた300m過ぎ辺りから、突如ジオフロントの後ろにいた福永騎手のジェラルディーナが挙動不審な動作。折り合いを失ったかのように、急にポジションを押し上げると一気に先頭に立ってしまったのである。しかも馬群から外に大きく膨れた状態で、コーナーを曲がるにもどこかぎこちない。

 さすがにこれは何かあるーー。

 明らかに異変が感じられたのは、最終コーナーから直線入り口だ。ジェラルディーナは内の馬群から離れた馬場の真ん中辺りを走っており、このようなコース取りは「通常」だと考えられないぶん回しだ。直線に入ってもジェラルディーナは、外ラチに向かう一方……。

 まるで新潟名物アイビスサマーダッシュでも見ているかのような走りに、戸惑ったファンも多かったのだろう。

 この時点で、まだ事情の分からない一部のファンからは、ネットの掲示板やSNSで福永騎手へ対し、「意味がわからない…」「何がしたかったんだ?」「勘弁してよ」と辛辣な声も出ていた。

 ところがこの「怪騎乗」には理由があった。

 どうやらレース中にジェラルディーナの右手綱の尾錠(バックル)が外れたことにより、制御が利かない状態となっていたため、福永騎手は懸命に立て直そうと努力をしていたようだ。また、この件について同馬を管理する斉藤崇史調教師には、過怠金20万円の処分が下された。

 右回りのレースで右手綱の制御が利かないのではコーナーを満足に曲がれないのも仕方がない。これが原因なら外に大きく膨らんだことにも合点がいく。これにはさすがに福永騎手の騎乗を責めていた一部のファンも手の平を返すしかなかったようだ。

 真相を知ったファンからは、「さすがダービー3勝ジョッキー」「実は神騎乗だったのか」など、福永騎手を称賛する声もあったとか……。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRAあわや「大惨事」福永祐一ジェラルディーナと謎の逃避行!? まるでアイビスサマーダッシュに怒号と称賛、一度はブチ切れたファンが手のひら返しで絶賛の真相とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと