NEW

クロノジェネシス完璧エスコートも「苦手」条件が牙をむく!? 帝王賞(G1)「代打」ルメールがクリンチャーに歓迎されない理由

【この記事のキーワード】, ,

クロノジェネシス完璧エスコートも「苦手」条件が牙をむく!? 帝王賞(G1)「代打」ルメールがクリンチャーに歓迎されない理由の画像1

 先週の宝塚記念(G1)は、C.ルメール騎手騎乗のクロノジェネシスが優勝した。

 北村友一騎手の負傷により、代打のルメール騎手はクロノジェネシスに初騎乗ながら冷静にエスコート。戦前は海外遠征明け初戦や、ルメール騎手自身が宝塚記念を未勝利であることが不安視されていた。しかし、蓋を開けてみれば、それらを払拭する圧巻の2馬身差Vであった。

 そんな好調なルメール騎手は30日に、地方競馬の上半期総決算・帝王賞(G1)に騎乗。パートナーはダート重賞を連勝中のクリンチャー(牡7歳、栗東・宮本博厩舎)だ。

 同馬は18年の京都記念(G2)優勝や凱旋門賞(G1)にも出走するなど芝で活躍していた馬だったが、新境地を求めてダートへ転向した。ここまでダートで10戦して掲示板を外したのが1回のみと安定感は抜群。それだけに、ルメール騎手が騎乗すれば待望のG1勝ちも夢ではない。

 しかし、残念ながらルメール騎手がクリンチャーに騎乗しても、“鬼に金棒”とはならない可能性が高い。

 なぜなら、ルメール騎手が地方競馬を苦手としているからだ。ルメール騎手は、昨年7月から今月までの1年間、JRAダート重賞で計9レースに騎乗して「3-1-1-4」という成績。勝率33.3%、複勝率55.6%と非常に優秀だ。

 一方、昨年の帝王賞から1年間で地方のダート重賞には計13レース騎乗したものの「0-2-3-8」と冴えない。騎乗レース数が少ないとはいえ、得意としているJRAの重賞に対し、地方は未勝利と振るわない。最後のダートグレード重賞勝利は、昨年5月の兵庫CSまで遡る。

 競馬は「馬7割、騎手3割」と言われているように騎手が全てではない。ただ、騎乗した馬が弱かったため、成績が悪いだけという声もあるだろう。

 ただ、当該期間におけるルメール騎手の騎乗馬は、JBCレディスクラシック(G1)のローザノワール(6番人気)を除き、全て単勝オッズ3番人気以内の人気馬ばかり。

 昨年のチャンピオンズC(G1)優勝馬チュウワウィザードや海外でも好走実績豊富マテラスカイなど勝ち負けを期待できる馬もいた。

 また、中にはJRA重賞では考えられないような不可解な騎乗もあった。

クロノジェネシス完璧エスコートも「苦手」条件が牙をむく!? 帝王賞(G1)「代打」ルメールがクリンチャーに歓迎されない理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと