NEW

JRA 2021年上半期のジョッキー「賞金王」は誰だ!? 昨年から急降下の武豊、松山弘平が大苦戦、リーディングトップ3でも大きな格差

【この記事のキーワード】, ,

JRA 2021年上半期のジョッキー「賞金王」は誰だ?昨年から急降下の武豊、松山弘平が大苦戦、リーディングトップ3でも大きな格差の画像1

 海外帰りもなんのその。先週の宝塚記念(G1)はパワフルな末脚を炸裂させたクロノジェネシスが制し、“絶対女王”の誕生を予感させた。また、同時に2021年上半期のG1レースが終了した。

 2月のフェブラリーSからこの宝塚記念まで、今年上半期のG1は12レース。

 その優勝騎手の内訳は、C.ルメール騎手が最多の4勝。続いて川田将雅騎手が3勝、福永祐一騎手が2勝をマーク。それ以外に吉田隼人騎手、横山武史騎手、M.デムーロ騎手が、それぞれ1勝ずつ挙げている。

 そして2021年上半期を終えた時点の全国リーディング上位3人の顔ぶれは、実力どおりというべきか、G1レースで2回以上優勝した3人の騎手たちが占める結果となった。

 今回は3人の“勝利数”のほか、彼らが獲得した“賞金”をクローズアップしてみたい。ここでは地方競馬は含まず、あくまでもJRA限定の着順に応じた騎乗馬の賞金を合計したものが対象だ。

JRA 2021年上半期のジョッキー「賞金王」は誰だ?昨年から急降下の武豊、松山弘平が大苦戦、リーディングトップ3でも大きな格差の画像2

 さらに、調べていく過程で“勝利数”と“賞金”が必ずしも比例しないケースがあるなど、興味深い結果となった。さっそく、今年上半期の全国リーディング1位に輝いたルメール騎手から紹介していく。

 冒頭の宝塚記念では、ルメール騎手は北村友一騎手の「代打」で優勝。直後の最終レースは4着で大台到達はならなかったものの、上半期で挙げた99勝は立派のひと言。残り半分の下半期で100勝して、早くも年間200勝を「確実視」させるところが、ルメール騎手の恐ろしさだ。

 獲得した賞金は、圧巻の22億1816万円。上半期は401回騎乗したルメール騎手の賞金から計算すると、1走あたりの賞金は553万円也。勝っても負けても、1走あたり553万円の賞金が発生したことになる。

 続いてリーディング2位は川田騎手。79勝をマークするも、ルメール騎手との差は20勝。そして気になる賞金は、18億8317万円。ルメール騎手との差は、なんと3億3千万円以上もあった。

 ジャパンC(G1)優勝賞金である3億円もの差をつけられた川田騎手。上半期は274回の騎乗数を記録していたが、実は1走あたりの賞金は687万円と、逆にルメール騎手を100万円以上もリードしていたのだ。

「乗鞍を絞って、確実に勝つ……」というと、見方によっては選り好みしているかのようなネガティブな印象もある。しかし、騎乗数を選べる立場にあるのは、川田騎手が関係者からその手腕を高く評価されているからだろう。少ない騎乗数で「確実に勝つか、上位入線しなければならない……」ともいえる。

 そんなプレッシャーに耐えて、好騎乗を連発した川田騎手。現在の騎手界のなかでは「打倒ルメール」の一番手といえるだろう。

 上半期3位は、63勝の福永騎手。こちらはルメール騎手と36勝差、川田騎手と16勝差。印象としては、川田騎手との差はそれほどないが、やはりルメール騎手の“壁”は高いというところか。

 福永騎手の賞金は16億6457万円で、ルメール騎手との差は5億5千万円以上。ここでもルメール騎手の“高すぎる壁”が立ちはだかる。ちなみに上半期は392回騎乗した福永騎手。1走あたりの賞金は424万円だった。

 上位3人のスーパージョッキーに対して、2021年上半期は苦しい時期を過ごした騎手もいる。

JRA 2021年上半期のジョッキー「賞金王」は誰だ!? 昨年から急降下の武豊、松山弘平が大苦戦、リーディングトップ3でも大きな格差のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
4JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
7ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
8秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
9「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?
10年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?