NEW

JRAから藤沢和雄調教師、柴田善臣騎手らが受賞。第2回『農林水産大臣賞』には名古屋競馬の宮下瞳騎手も

【この記事のキーワード】, ,
JRAから藤沢和雄調教師、柴田善臣騎手らが受賞! 第2回『農林水産大臣賞』には名古屋競馬の宮下瞳騎手もの画像1
撮影:Ruriko.I

 JRA(日本中央競馬会)は29日、農林水産省の『第2回競馬功績者表彰』の受賞者を発表。JRA通算1500勝(史上2人目)を達成した藤沢和雄調教師、現役最年長のジョッキーの柴田善臣騎手らが受賞した。

藤沢和雄氏の受賞コメント
農林水産大臣賞の受賞は大変名誉なことであり、本当にありがとうございます。調教師としての残りの時間は短くなりましたが、若い人の目標となり、見習ってもらえる様に、今後も精進して参ります。

柴田善臣氏の受賞コメント
農林水産大臣賞の受賞を聞き、正直驚いています。長く騎手を続けてこられたことがこうした受賞につながり、これまで支えてきてくださった多くの関係者に感謝の気持ちで一杯です。これからも良い競馬を皆さんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います。(ともにJRAの公式HPより)

 調教師や騎手の更なる技能の向上、競走馬生産農家の生産意欲の増大等を図り、更なる競馬産業の活性化や馬産地の振興につなげるため、競馬関係者を表彰する『競馬功績者表彰』は他に名古屋競馬の宮下瞳騎手、尾形充弘元調教師らが受賞。一昨年に行われた第1回の表彰では武豊騎手や大井競馬の的場文男騎手らが受賞している。

JRAから藤沢和雄調教師、柴田善臣騎手らが受賞。第2回『農林水産大臣賞』には名古屋競馬の宮下瞳騎手ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」