NEW

ついに待望の「ストライク」をゲット!? 姉は米国「2歳女王」、セレクトセール2億円超の良血馬が、オーナー初預託の名門・友道厩舎からデビュー

【この記事のキーワード】, ,

ついに待望の「ストライク」をゲット!? 姉は米国「2歳女王」、セレクトセール2億円超の良血馬が、オーナー初預託の名門・友道厩舎からデビューの画像1

 今週から3週間にわたって開催される夏の小倉開催。7月4日には芝1800mの新馬戦が組まれている。

 日本ダービー(G1)2勝、今年も同レースに管理馬を2頭出走させた名門・友道康夫厩舎から、期待馬フィデル(牡2歳)がデビューする。父ハーツクライ、母ラッキートゥビーミー。2020年のセレクトセールで2億900万円(税込)にて落札された超高額馬だ。

 デビュー戦でコンビを組む予定の川田将雅騎手を背に、1週前追い切りでは高額に違わぬ抜群の動きを披露。栗東のCWコースで今週のラジオNIKKEI賞(G3)に出走するジュンブルースカイなど年長馬2頭と併せられ、堂々の最先着を果たしている。

 友道師は「動きは良かった。跳びが大きくてハーツクライ産駒っぽい感じ。距離は1800~2000mくらいが合いそう」と高評価。来年のクラシックに向けて、そして師はダービー3勝目へ、本馬にかかる期待は非常に大きなものと言えそうだ。

 また本馬に対して誰よりも期待をかけているのが、フィデルの馬主である杉野公彦オーナーであることは想像に難くない。

 杉野氏は大型アミューズメント施設『ラウンドワン』などを運営する、株式会社ラウンドワンの代表取締役社長。馬主としては2019年7月に所有馬サンデーパームスでJRAデビューを果たし、翌20年2月にサンデーミラージュでJRA初勝利を挙げている。

 初勝利の際、杉野氏は「ホッとしました。今後は大きなレースを勝てるような馬と出会えれば」とコメントを残し、馬主デビューした19年からセールで次々と高額馬を落札している。

 19年のセレクトセールでは、オークス馬シンハライトの甥であるサンデーアーサーを2億9160万円、エタリオウの半弟サンデージャックを1億8360万円、秋華賞馬アヴェンチュラやオークス馬トールポピーの甥にあたるサンデールーカスを1億6200万円(全て税込)で購入。

 3頭合わせると総額6億3720万円のまさに“爆買い”であったが、現時点で競走成績はサンデージャックが未勝利戦で挙げた1勝のみ。獲得した総賞金は710万円で、トータルすると6億3010万円のマイナスだ。

 現2歳世代を含めると現時点の所有馬は全部で9頭おり、購入総額は11億2240万円なのに対し、獲得総賞金は7666万6000円。10億4573万4000円のマイナスとなっている。そろそろラウンドワンらしい“ストライク”が欲しいところではないだろうか。

「フィデルは16年にアメリカのBCジュベナイルフィリーズ(G1)を制した2歳女王、シャンパンルームの半弟になります。高額馬を多数所有している杉野氏ですが、重賞勝ち馬のきょうだいを所有するのは意外にも初めてであり、また友道厩舎に預けるのも初となるようです。

既に結果を出している馬のきょうだいであり、活躍馬の宝庫とも言える友道厩舎となれば、相当の活躍が期待できるかもしれません」(競馬記者)

 フィデルにはデビュー戦を難なく突破してもらい、杉野氏には“ダブル”や“ターキー”を狙える素質馬が今後も現れることに期待したいところである。(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

ついに待望の「ストライク」をゲット!? 姉は米国「2歳女王」、セレクトセール2億円超の良血馬が、オーナー初預託の名門・友道厩舎からデビューのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  6. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  9. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  10. JRA阪神JF(G1)「勝率75%」ソダシ育てた名伯楽が勝負気配、「ドゥラメンテの牝馬は走らない」噂もついにストップか