NEW

チュウワウィザードは「消し」で勝負! 夏の「ボーナス」は帝王賞(G1)で手に入れる、惨敗した宝塚記念からとっておきの「◎」で大逆転

【この記事のキーワード】, ,

チュウワウィザードは「消し」で勝負! 夏の「ボーナス」は帝王賞(G1)で手に入れる、惨敗した宝塚記念からとっておきの「◎」で大逆転の画像1

 28日、トウカイテイオー最後の産駒キセキノテイオー(牡7歳、門別・岡島玉一厩舎)が能力検査に合格。乗用馬から晴れて競走馬へ仲間入りを果たした。この後は、7月末のデビューへ向けて調整を進めるとのこと。「ウマ娘」人気キャラのトウカイテイオー産駒だけに目が離せない。

 そして、帝王といえばやはり、30日に大井競馬場で開催される帝王賞(G1)から目が離せない。

 先日の宝塚記念(G1)では、一攫千金で「夏のボーナス」を狙ったが、残念ながら大ハズレ。と言っても、3年連続で不的中の宝塚記念は相性がよくないレースだっただけに、仕方がないと諦める。

 宝塚記念がJRA上半期の総決算なら帝王賞は地方競馬のグランプリのようなもの。メンタル的には満身創痍だが、ここで何とか一発逆転を狙いたい。

「◎」にしたのは4番テーオーケインズ(牡4歳、栗東・高柳大輔厩舎)だ。出走馬の近走レース映像を何度も見返し、調教や脚質を加味した結果の結論である。

 同馬は3走前に東京大賞典(G1)へ出走。直線半ばまで進路がなかったシーンがありながら0秒2差の6着。G1初挑戦ながら大健闘だった。加えて、その時は中8日の強行軍で栗東から大井への輸送もあった。状態面に不安が残るなか不利さえなければ、掲示板間違いなしの走りは評価したい。

 そして、この馬の強さが際立ったのが、2頭が雁行状態で飛ばすハイペースの展開を好位で運んだ名古屋城S(OP)。馬なりのまま4コーナーで早めに先頭に踊り出ると、直線でも後続を寄せ付けない圧巻の内容だった。直線に入っても、鞍上のステッキはほとんど入らなかった。着差以上の完勝だった。

 4歳と若く、半年前からの伸び代を加味すれば優勝してもおかしくない存在。“てーおー”賞だけに“テーオー”に勝ってもらいたいものだ。

チュウワウィザードは「消し」で勝負! 夏の「ボーナス」は帝王賞(G1)で手に入れる、惨敗した宝塚記念からとっておきの「◎」で大逆転の画像2

「○」は、大井2000mオール連対の実績を見過ごすわけにはいかないオメガパフューム(牡6歳、栗東・安田翔伍厩舎)。

 当該舞台ではクリソベリルとルヴァンスレーヴ以外に先着を許したことがない得意コースだが、2走前の東京大賞典では、単勝1.3倍の支持を受けたにも関わらず辛勝。走破時計も当該舞台を走ったなかで1番遅い時計だった。

 安田師は「冬場より状態はいいですよ」とデキの良さをアピールしている。しかし、同馬が最後に馬券外になった19年チャンピオンズCで「状態良好」とコメントした同師を信じ痛い目を見た。それだけに、完全に信用することはできない…。年齢的な衰えが懸念されているのは、気になる材料だ。

チュウワウィザードは「消し」で勝負! 夏の「ボーナス」は帝王賞(G1)で手に入れる、惨敗した宝塚記念からとっておきの「◎」で大逆転のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  3. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは
  4. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  5. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  6. JRA「6馬身差」レコード勝ちはイクイノックス以上!? 「知らなきゃ損」の密かな出世レースに超大物候補が満を持して登場!
  7. JRA「僕のお気に入り」武豊が惚れ込んだ怪物が古馬になって本領発揮!? 復帰初戦はレジェンドの「相馬眼」にかけて負けられない戦いか
  8. JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とは
  9. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  10. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁