NEW

JRA武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? マイネル軍団総帥・岡田繁幸さんの伝説…代打・横山典弘、無念の戒告処分!【2021年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? マイネル軍団総帥・岡田繁幸さんの伝説……代打・横山典弘、無念の戒告処分!【2021年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦の画像1

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。毎度おなじみ下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみるこのコーナーだが、今回は【特別版】として、2021年上半期のトピックスを振り返ってみた! まずは前半戦から!

ライター「A」:早いもので2021年も、もう折り返しに来ましたよ。

デスク「Y」:ホント早過ぎるよ! 何があったか全然記憶ないけど、ホントに半年も経ったの?

ライター「A」:デスクは昨日の晩御飯すら覚えてませんからね。記憶力はおじいちゃんそのもの……。

デスク「Y」:おじいちゃんに失礼だろ!

ライター「A」:ツッコミ入れるとこ、そこでいいんですか?(笑)。まあ、そんなデスクのためにも、今回は特別版として【2021年上半期『GJ的』7大ニュース】を振り返りたいと思います!

デスク「Y」:ありがたいよ~! 白毛馬ソダシの桜花賞(G1)制覇とか、福永祐一騎手の日本ダービー(G1)制覇とか、いろいろあったよね。僕も記憶にも薄っすらと……。

ライター「A」:そういうメジャーな話題は大手さんがやってくれますから。ウチの人気記事にはないですよ(笑)。

デスク「Y」:えっ……ここ一応、競馬のメディアだよね?

ライター「A」:それでは、張り切ってどうぞー!!

JRA武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? マイネル軍団総帥・岡田繁幸さんの伝説……代打・横山典弘、無念の戒告処分!【2021年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦の画像2<1月20日掲載>
JRA武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? 「あの時点では完成していなかった」「アレしかないですね」気になる候補とは……

デスク「Y」:そうそう。去年はアーモンドアイがめちゃくちゃ強かったんだよね。

ライター「A」:昨秋のジャパンC(G1)勝利で、前人未到の芝G1・9勝に到達。生涯獲得賞金も19億1526万3900円で歴代1位と、まさに「伝説」になってターフを去りました。

デスク「Y」:そんなアーモンドアイに勝てる馬ってことか……。いるの?(笑)。

ライター「A」:関西テレビの『うまンchu』で武豊騎手と安藤勝己さんが対談した際に、そんな話題になったそうです。

デスク「Y」:正直、全然覚えてないけど、やっぱ武さんはディープインパクト?

ライター「A」:他にキタサンブラックの名前も挙げてましたね。

デスク「Y」:まさに前門の虎と後門の狼。この2頭に挟まれたら、アーモンドアイも堪らんだろうなあ。アンカツさんは?

ライター「A」:ダービーを勝ったキングカメハメハでした。

デスク「Y」:ああっ、わかる! 確かにキンカメは底知れない強さがあったな。故障さえなければG1何勝したことか。あの2人だと天皇賞・秋(G1)で名勝負を演じたウオッカとダイワスカーレットの名前も挙がりそうだね。同じ牝馬同士だし。

ライター「A」:その2頭についてはアンカツさんが「次元が一つ違う」とアーモンドアイの方が上だと話していました。

デスク「Y」:マジか! これはアーモンドアイの『ウマ娘』登場案件待ったなしだな。

ライター「A」:またウマ娘の話題に持っていく……。

デスク「Y」:2021年上半期の競馬を語る上で避けては通れんだろ(笑)。

JRA武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? マイネル軍団総帥・岡田繁幸さんの伝説…代打・横山典弘、無念の戒告処分!【2021年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール