NEW

元JRA藤田伸二氏VS岩田康誠「あんなんしてホンマにええの?」武豊で「砂のサイレンススズカ」爆誕!川田将雅「鬼騎乗」で女王ソダシ轟沈……『みんなのKEIBA』痛恨の「三連単14459.0倍」誤報【2021年上半期『GJ的』7大ニュース】後半戦

【この記事のキーワード】, ,
元JRA藤田伸二氏VS岩田康誠「あんなんしてホンマにええの?」武豊で「砂のサイレンススズカ」爆誕!川田将雅「鬼騎乗」で女王ソダシ轟沈……『みんなのKEIBA』痛恨の「三連単14459.0倍」誤報【2021年上半期『GJ的』7大ニュース】後半戦の画像1
撮影:Ruriko.I

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。毎度おなじみの下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみるこのコーナーだが、今回は【特別版】として、2021年上半期のトピックスを振り返る! 今回はいよいよ後半戦!


【2021年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦はコチラ

元JRA藤田伸二氏VS岩田康誠「あんなんしてホンマにええの?」武豊で「砂のサイレンススズカ」爆誕!川田将雅「鬼騎乗」で女王ソダシ轟沈……『みんなのKEIBA』痛恨の「三連単14459.0倍」誤報【2021年上半期『GJ的』7大ニュース】後半戦の画像2<5月5日掲載>
岩田康誠→武豊で「砂のサイレンススズカ」爆誕! 合計「約80馬身」怪物スマートファルコンは何故「ダート王」として認められなかったのか

デスク「Y」:ほら、やっぱり『ウマ娘』の話題出たじゃない!

ライター「A」:違いますよ。掲載当日にかしわ記念(G1)があったので、過去の優勝馬スマートファルコンを紹介しただけです。ウマ娘のことなんて書いてないじゃないですか。

デスク「Y」:またまたあ~、じゃあ、その翌日に「あぶそりゅーと☆LOVE」スマートファルコンちゃんが実装されたことは、まったく無関係だと?

ライター「A」:ううっ……。って、そんな“大人の事情”をデスク自ら暴露してどうするんですか! というか、そもそもあなたが指示したんでしょうが(笑)。

デスク「Y」:ここでファル子ちゃんを褒めちぎっておけば、それが“お布施”になって、彼女をお出迎えできると思ったんだが……(涙)。

ライター「A」:爆死したわけですね。まあ、記事の方は反響があってよかったじゃないですか。

デスク「Y」:確かに、当時のスマートファルコンは手が付けられないくらい強かったなあ。トランセンドやエスポワールシチーの他にも、フリオーソとかサクセスブロッケンとか、ダートにタレントの多い時代だったから、みんなも覚えてるんだろうね。

ライター「A」:G1を6勝しながらも結局、一度もJRA賞に選出されませんでしたし、どこかヒール的な印象があった馬です。

デスク「Y」:でも、こういう馬がいる時の方が競馬は盛り上がるよね。誰がスマートファルコンと武豊を止めるのかって。

ライター「A」:ですね。馬が言葉を話さない分、競馬でヒール役ってなかなかいませんけど、ライスシャワーがミホノブルボンの三冠や、メジロマックイーンの天皇賞・春(G1)3連覇を阻んだ時なんか「黒い刺客」って言われてましたね。かっこよかったなー。

デスク「Y」:やめろ! ライスちゃんは断じてヒールなんかじゃない! ブルボンちゃんのヒーローなんだぞ!

ライター「A」:ダメだ、この人……。


<5月9日掲載>
元JRA藤田伸二氏、岩田康誠「斜行勝利」ガッツポーズに大激怒!? 「あんなんしてホンマにええの?」騎乗停止復帰初日、反省の色なしにファンからも不快の声続々……

ライター「A」:後輩の藤懸貴志騎手へ暴言を浴びせたことなどで前代未聞の騎乗停止処分を受けた岩田康誠騎手ですが、復帰初日のレースでガッツポーズしたことを不快に思ったファンも多かったようです。

デスク「Y」:GJ的には、この事件が今年の上半期で一番大きな出来事かもしれないね。それも勝ったレースでは、後で岩田康騎手へ斜行による戒告もあったんだよね?

ライター「A」:過怠金処分になってますね。これには元JRA騎手の藤田伸二さんも「あんなんしてホンマにええの?」と呆れた様子だったとか。藤田さんは事件当初から独自に調査されて、YouTubeなどで過去の経緯についても語っていました。

デスク「Y」:元騎手として許せなかったんだろうね。藤田さんは、もともと岩田康騎手の「お尻トントン騎乗」を批判してたから、余計に……。

ライター「A」:しかし、一方で被害者となった藤懸騎手は、この事件をきっかけにブレイク。オークス(G1)ではデビュー11年目にして初のG1騎乗になりましたが、いきなり16番人気で3着に大健闘しています。

デスク「Y」:さらに、そこからマーメイドS(G3)で重賞初制覇でしょ? 岩田康騎手との“悪縁”が決着して、どこか吹っ切れたのかもしれないね。正直、27期生(2011年デビュー組)の騎手ってイマイチ活躍できてなかったから、これを機に頑張ってほしいね。

ライター「A」:年齢的にも、そろそろ脂が乗ってくる時期ですからね。今年は、横山典弘騎手の長男の横山和生騎手もブレイクしていますが、確か藤懸騎手と同期だったはずです。

デスク「Y」:去年は長岡禎仁騎手と原田和真騎手の28期生が注目されたけど、今年は藤懸騎手の27期生がブレイクしたってわけか。なかなか勝つのは大変だと思うけど、ジョッキーに限らず苦労人には頑張ってほしいよね。

元JRA藤田伸二氏VS岩田康誠「あんなんしてホンマにええの?」武豊で「砂のサイレンススズカ」爆誕!川田将雅「鬼騎乗」で女王ソダシ轟沈……『みんなのKEIBA』痛恨の「三連単14459.0倍」誤報【2021年上半期『GJ的』7大ニュース】後半戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  6. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  9. JRAソーヴァリアント圧勝で、有馬記念(G1)「あの曲者」が急浮上!? エフフォーリア、タイトルホルダーの影に隠れた「第3の刺客」とは
  10. JRA【阪神JF(G1)展望】武豊×幸四郎「兄弟タッグ」でG1初挑戦、「3戦3勝」ウォーターナビレラを止めるのはM.デムーロかC.ルメールか!?