NEW

JRA C.ルメール函館初日「0勝」もはや定番!? 歴史的名牝シーザリオの仔で1番人気もブービー13着大敗で「40万馬券」演出……

【この記事のキーワード】, ,

JRA C.ルメール土曜競馬「0勝」もはや定番!?  歴史的名牝シーザリオの仔で1番人気もブービー13着大敗で「40万馬券」演出……の画像1

 3日、函館競馬場で行われたメインレースの函館日刊スポーツ杯(3勝クラス)は、単勝12番人気のメリーメーキング(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)が優勝。国分恭介騎手の会心の騎乗により、大波乱の結果に終わった。

 レースは14頭立ての芝1200m戦。好スタートを切ったシルヴェーヌがハナに立ち、開幕初日ということもあり当然のようにハイペースで流れた。

 外からC.ルメール騎手が騎乗する1番人気のファーストフォリオが2番手につけ、内からは2番人気のショウナンアリアナも逃げ馬の後ろをピッタリとマーク。直線に入ってショウナンアリアナが抜け出すと、後方からメリーメーキングが馬群を突いて一気の伸び。粘るショウナンアリアナを測ったように捉え、ゴール前の接戦を制した。

 国分恭騎手は「展開が鍵だと見ていたのですが、思ったよりも流れてくれましたね。直線でもいいところが開いてくれました」と謙遜したが、外に持ち出すコース取りは完璧。見事な読みで騎乗馬を勝利に導いた。

 1着に単勝95.0倍のメリーメーキングが入ったことで、三連単は40万馬券。この波乱劇の主役になってしまったのが、先行争いに巻き込まれブービーの13着に敗れた、名牝シーザリオの仔として期待される1番人気のファーストフォリオだろう。

JRA C.ルメール土曜競馬「0勝」もはや定番!?  歴史的名牝シーザリオの仔で1番人気もブービー13着大敗で「40万馬券」演出……の画像2

 鞍上は現在リーディングトップを走るルメール騎手。この日は7鞍に騎乗して1番人気5回、2番人気2回と有力馬も揃っていたが、精彩を欠き未勝利に終わっている。

 まさかの「0勝」という結果は意外とも思えるが、この結果も「十分にあり得た」と記者はいう。

「ルメール騎手は昨年も函館入り初日で合計6鞍に騎乗しましたが、1番人気が4回と有力馬が集まっていたにも関わらず【0.2.0.4/6】と散々な結果に終わっています。

自国フランスと似た気候の函館を相当気に入っているみたいですが、開催日数が少なく乗りなれていないということもあるのでしょう」(競馬記者)

 ルメール騎手は、2017年から夏の函館競馬に参戦。それ以降は毎年この時期になると、函館に腰を据えて騎乗している。

 しかし、年毎の函館入り初日の成績は、今年も合わせて過去1勝のみ。騎乗馬の人気と勝率を見ると、確かに今回の結果は十分にあり得たといえそうだ。

1番人気【1-10-4-7/22】4.5%
2番人気【0-1-1-4/6】0.0%
3番人気【0-0-0-4/4】0.0%
4番人気【0-0-1-0/1】0.0%
6番人気【0-0-0-1/1】0.0%
トータル【1-11-6-16/34】2.9%

 トータルで見れば勝率2.9%で、1番人気だけで見ても勝率は4.5%と散々な成績。人気を大きく乖離した結果となっており「函館入り初日のルメールは消し」は、もはや“格言”といっても過言ではないのかもしれない。

(文=北野なるはや)

<著者プロフィール>
 某競走馬育成牧場で働いた後、様々なジャンルの仕事で競馬関連会社を転々とする。その後、好きが高じて趣味でプログラミングを学習。馬券には一切のロマンを挟まないデータ派であるが、POG(ペーパーオーナーゲーム)では馬体派という奇妙な一面も持つ。

JRA C.ルメール函館初日「0勝」もはや定番!? 歴史的名牝シーザリオの仔で1番人気もブービー13着大敗で「40万馬券」演出……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由