NEW

パチスロ新台「出玉率100%超」ボーナスタイプの名機が登場! 新旧比較でより一層楽しもう!!

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ新台「出玉率100%超」ボーナスタイプの名機が登場! 新旧比較でより一層楽しもう!!の画像1

 夏の風物詩のひとつである花火。夜空に咲く大輪の花は見る者の心を癒してくれるが、パチスロファンにとって花火といえば、やはり『ハナビ』シリーズ。そのシリーズ最新作、エレコの『新ハナビ』が7月5日、ファン待望の全国ホールデビューを果たした。

 現在も設置中の5号機『ハナビ』(マットブラックver.)は、2種類のビッグとREGを搭載。ビッグはMAX311枚、REGは104枚の獲得が見込め、ビッグ中は左リール中段に1回だけ赤七絵柄をビタ押しして14枚を奪取するだけで最大払い出し枚数を得られる。

 一方、6号機『新ハナビ』はドンビッグと赤七ビッグ、2種類のビッグとREGが出玉増加の主軸である点は同じながらも、ビッグは最大202枚、REGは最大112枚の獲得。ビッグ中のみならずREG中にも技術介入要素がある点が大きな特徴で、予告音発生時以外は中リールから全リール2コマ目押しでの氷(15枚)狙いが要求される。

 ビッグ後は先代と同じく最大20GのRT「花火チャンレジ」へ突入し、残り8ゲームまでは逆押しナビ時、逆押しで左リール枠上or上段に暖簾絵柄を狙ってRTを延命。残り7ゲーム以降はJACを入賞させ、JAC入賞後は20G固定の「花火GAME」がスタートする。

 通常時の打ち方については、今作はブランク絵柄をチェリーの代用としたことで赤七絵柄付近を狙っての消化も可能。王道となる左リール枠上~上段暖簾絵柄狙い→右リールフリー打ち手順と打ち分けることで、より多くのリーチ目を堪能することができる。

 また、今作では1枚役やJACリプレイの組み合わせが変化しており、「氷・氷・赤七」「ドン・赤七・ブランク」は1枚役、「氷・リプレイ・氷or暖簾」「チェリーor赤七・リプレイ・リプレイ」はJACリプレイの代表例。風鈴フラグもAとBの2種類に改良され、新たに風鈴重複も追加されている。

 消灯演出の対応役は先代の消灯なし→ボーナスを含む全役、「第1消灯→ハズレorリプレイor風鈴orチェリー」「第2消灯→ハズレorリプレイorチェリー」「第3消灯→ハズレorリプレイorチェリーor氷orボーナス」から、「消灯なし→リプレイ否定」「第1消灯→ハズレor氷否定」「第2消灯→風鈴or氷否定」「第3消灯→風鈴否定」に変更。

 氷が揃う可能性があるのは消灯なしor第3消灯のみとなるので、第2停止時の時点で1消灯ならば氷テンパイ時でもフリー打ち消化でOKとなるわけだ。

 加えて今作では新演出「たまやチャレンジ」も採用しており、リプレイやチェリーでのボーナス期待度を示唆(3消灯した次ゲームで発生)。100%はもちろんボーナス確定で、十の位が「奇数」%はハズレ対応、同「偶数」%は小役以上、「ゾロ目」%はチェリーor氷対応となるようだ。

 設定推測要素に関しては、通常時及びRT中の風鈴確率、RT中のハズレ確率は設定に準じて高まる模様。ビッグ中の斜め風鈴確率は高設定の方が出現しやすく、ビッグ中のバラケ目やREG中の氷ハズレ目出現は高設定に大きな期待が持てるようだ。

【注目記事】

甘デジ新台「50%2400発」の絶超スペックが爆誕! 消化時間は「わずか3分」…「手軽に素早く大量出玉」を実現か!?

パチンコ新台入替の「警察検査」前に起こした「○○忘れ」に驚愕…「あわや営業停止」となる“超ミス”もご紹介

パチンコ界「もうひとつの『北斗』伝説」へ迫る! 燦然と輝く超強力コンテンツ「最強の亜流」として君臨!!

パチスロ新台「出玉率100%超」ボーナスタイプの名機が登場! 新旧比較でより一層楽しもう!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合