NEW

パチンコ新台『牙狼』レベルの衝撃作を超える高評価!軽々と「4万8000発」も達成した「激甘スペック」が話題!!

【この記事のキーワード】

,

パチンコ新台『牙狼』レベルの衝撃作を超える高評価!軽々と「4万8000発」も達成した「激甘スペック」が話題!!の画像1

 7月の序盤は、趣向を凝らしたスペックのパチンコ新台がいくつか登場。ユーザーの関心を集めていた印象だ。

 その一つが『P巨人の星 一球入魂3000』。本機は「3Kスペック」を搭載した特殊なゲーム性で、抽選を受けたタイミングによって大当りのリミット回数が変化するという特性を持つ。

 RUSH中であれば「最大3000発」の出玉を得られ、それが約77%でループするという強力な出玉性能を実現した。更にヘソ大当りでも「約2400発」を獲得できる振り分けが存在するなど、強烈な要素を有している。

 そしてもう1機種『P宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』は、STタイプでありながら「実質連チャン」が濃厚となる要素を取り入れた意欲作。ヘソ大当り時の25%が「ST120回+時短9880回」となる激アツ仕様だ。

 注目のST性能は継続率が約85%を誇り、更に大当りの実に7割が10R1500発という破壊力のあるスペック。ST前半100回転は即当りがメインとなるため、スピード感も備わったハイブリッド新台である。

 これら2機種はどちらも特異な性能で爆裂要素が強く、注目度が非常に高かった印象。そのようなこともあり、導入後は様々な反響が寄せられているわけだが…。

 そんな両機を上回る評価を得ていると言えるのが、王者『海物語』シリーズの最新作『Pスーパー海物語 IN 沖縄5』である。

 王道の確変ループを継承し、時短引き戻しによる連チャン性能が更に強化された本機。既に「4万発オーバー」の出玉報告が飛び出すなど、持ち前の安定感に爆発力が加わったスペックとして注目を集めている状況だ。

 そんな話題の本機を実際に遊技したユーザーは、どのような手ごたえを掴んだのか。今回は初打ち実戦報告をメインにご紹介させていただく。まずは、改めて本機のスペックを掲載しよう。

『Pスーパー海物語IN沖縄5』(三洋物産)

■大当り確率:約1/319.6→約1/38.0
■賞球数:3&2&15&4&3
■カウント・ラウンド:10カウント・10Ror2R
■確変割合:60%
■確変タイプ:次回まで
■時短:100回or120回(※通常時、ヘソでの通常大当りのみ100回)
■大当り内訳(ヘソ):10R確変40%・2R確変20%・10R通常40%
    (電チュー):10R確変52%・2R確変8%・10R通常40%
○○○

 大当り確率約1/319.6で、お馴染みの確変ループが採用されている。図柄揃いの大当りは全て1500発出玉となり、安定感のあるゲーム性を楽しむことが可能だ。

 本機の確変割合は60%。大当り内訳はヘソと電チューによって異なり、10R確変の比率が「ヘソ40%」「電チュー52%」と変化する。チャンス中に連チャンするほど1500発を得る機会が増える点は、大きな武器といえるだろう。

 また、今作では時短性能も電サポ大当りが優遇されている。電サポ経由の通常大当りは「時短120回」が付与されるのだ(ヘソ経由の通常大当りは時短100回)。引き戻し性能が強化された事で、より爽快な連チャンを楽しめそうだ。

パチンコ新台『牙狼』レベルの衝撃作を超える高評価!軽々と「4万8000発」も達成した「激甘スペック」が話題!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!