NEW

JRA七夕賞(G3)岩田康誠が「重賞100勝&全10場制覇」に再挑戦!最大の敵は身内にあり!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA七夕賞(G3)岩田康誠が「重賞100勝&全10場制覇」に再挑戦!最大の敵は身内にあり!?の画像1

 11日、福島競馬場では七夕賞(G3)が行われる。連覇を狙うクレッシェンドラヴが中心とみられるが、初となる58kgを背負い、ハンデ戦らしく波乱ムードも漂う。

 有力馬の1頭が鳴尾記念(G3)で2着に好走したショウナンバルディ(牡5歳、栗東・松下武士厩舎)だ。その前走で先着を許した相手はユニコーンライオン。先月の宝塚記念(G1)でクロノジェネシスの2着に逃げ粘った実力馬である。ショウナンバルディ自身も、鳴尾記念でブラストワンピースとペルシアンナイトというG1馬2頭に先着しており、前走から斤量が1kg減る今回は十分チャンスはあるだろう。

 ショウナンバルディの手綱を取るのは岩田康誠騎手だ。これまでこのコンビでは4戦2勝と相性は悪くない。また、先週のラジオNIKKEI賞(G3)では7番人気のノースブリッジに騎乗。果敢にハナを切ると、絶妙なペースで逃げ、見せ場十分の3着に導いた。

 そんな岩田康騎手は先週に続き2つの記録に挑戦する。今年1月の京都金杯(G3)をケイデンスコールで制し、JRA重賞通算99勝目を挙げた岩田康騎手。100勝目にリーチをかけた状態で早半年が過ぎ、目下重賞25連敗中である。そろそろ節目の記録を達成したいところだろう。

 もう一つリーチをかけているのが、JRA全10場重賞制覇だ。これまで武豊騎手や横山典弘騎手など6人しか達成したことがない難易度の高い記録である。福島で騎乗する機会はあまりないため、当然狙いに行くだろう。

「次に福島で開催される重賞は秋の福島記念(G3)です。それまで間も空きますし、騎乗馬がいるとも限りません。岩田康騎手とすれば、ここで同時達成を狙ってくるでしょう。ショウナンバルディは近2走で積極的に前に行く競馬で結果を残しています。先週のノースブリッジで見せたような逃げの手を打つかもしれませんね」(競馬誌ライター)

JRA七夕賞(G3)岩田康誠が「重賞100勝&全10場制覇」に再挑戦!最大の敵は身内にあり!?の画像2

 そんなショウナンバルディの難敵となりそうなのが、息子の岩田望来騎手が騎乗予定のマウントゴールドである。実はこの2頭は、今年に入り、2度にわたって直接顔を合わせている。

 1度目は1月の中山金杯(G3)で、ともに中団後方を進み、マウントゴールドが9着、ショウナンバルディは13着に沈んでいる。2度目の対決となった5月の都大路S(L)では、マウントゴールドが1着、ショウナンバルディは3着。2度の対決は、どちらもマウントゴールドに軍配が上がっている。ショウナンバルディの鞍上はどちらも岩田康騎手ではなかったが、“難敵”の鞍上が息子というのは気になるところだろう。

 岩田康騎手は息子の前で偉業を達成し、父の威厳を見せるのか。それとも息子にそれを阻まれてしまうのか。親子対決にも注目したい。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA七夕賞(G3)岩田康誠が「重賞100勝&全10場制覇」に再挑戦!最大の敵は身内にあり!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  3. JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?
  4. JRA【平安S(G3)予想】大本命テーオーケインズから紐荒れ狙いで「好配当」狙う穴馬をピックアップ
  5. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  6. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  7. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  8. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  9. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  10. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ