NEW

パチスロ「その『状態』に入ると、まるで台がブッ壊れたかのように…」~3号機名機伝説『ドリームセブンJr.』&『マジカルベンハー』編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.54】

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「その『状態』に入ると、まるで台がブッ壊れたかのように…」~3号機名機伝説『ドリームセブンJr.』&『マジカルベンハー』編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.54】の画像1
 新要件パチスロ4号機の登場を控え、業界健全化の名のもとに1992年の春から秋にかけて挙行された基板改修・再封印作業。

 これにより、前年から猛威を振るっていた裏モノ連チャン機の多くはノーマル化するかあるいは撤去され、相応の効果を発揮したものと思われていた。

 ところが、である。作業が一段落すると新たな勢力が続々と出現。3号機時代の末期を暴れ回るのであった。

 そんな新勢力の代表格ともいえるのが、高砂電器の3-2号機『ドリームセブンJr.』と、同一の仕様を持つ大東音響の兄弟機『マジカルベンハー』である。

パチスロ「その『状態』に入ると、まるで台がブッ壊れたかのように…」~3号機名機伝説『ドリームセブンJr.』&『マジカルベンハー』編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.54】の画像2パチスロ「その『状態』に入ると、まるで台がブッ壊れたかのように…」~3号機名機伝説『ドリームセブンJr.』&『マジカルベンハー』編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.54】の画像3 デビューは1991年の春。仕様はオーソドックスなAタイプだが、前者はボーナス絵柄に赤と青2色の7絵柄を、後者は赤7と青3(パチスロ史上初の7以外の数字絵柄)を採用している点が、当時は目新しかった。

パチスロ「その『状態』に入ると、まるで台がブッ壊れたかのように…」~3号機名機伝説『ドリームセブンJr.』&『マジカルベンハー』編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.54】の画像4

パチスロ「その『状態』に入ると、まるで台がブッ壊れたかのように…」~3号機名機伝説『ドリームセブンJr.』&『マジカルベンハー』編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.54】の画像5

 しかし、それ以外の部分に関してはスペックを含め取り立てて目立つ要素もなく、良くも悪くも「フツーの3号機」だった。

 そんな『ドリセブJr.』と『マジベン』がにわかに注目を集めたのは、デビューから1年が経った1992年春のこと。

「ビッグ中の小役ゲーム中に強制的に777を揃えて再度ビッグをスタートさせる」という信じがたい攻略法が発覚したのである。

パチスロ「その『状態』に入ると、まるで台がブッ壊れたかのように…」~3号機名機伝説『ドリームセブンJr.』&『マジカルベンハー』編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.54】の画像6
攻略法発覚を伝える当時のスクープ記事

 随所で正確無比なビタ押しが要求されるなど非常に難易度の高い攻略法だったが、通常ならビッグ1回で350枚しか取れないところ成功すれば1000枚は余裕で取れるとあって、破壊力は絶大だったことは言うまでもないだろう。

結局、この攻略法は最終的に「規定枚数を超えると電源が落ちる」といった対策部品の取り付けによって封じられてしまうのだが、攻略騒動が一段落してしばらくすると、こんどは別の騒動が巻き起こる。

…そう。第51回で取り上げた『スペバト』&『スペスペ』と同様、裏モノ化して大増殖を開始したのである。

パチスロ「その『状態』に入ると、まるで台がブッ壊れたかのように…」~3号機名機伝説『ドリームセブンJr.』&『マジカルベンハー』編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.54】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!