NEW

JRA 「こんな状態で出すな」戸崎圭太のポツン騎乗に非難の声!? 最終レースで逆転狙ったファンから非難轟々、大波乱に一役買った人気馬の轟沈はなぜ起きたのか

【この記事のキーワード】, ,

JRA 「こんな状態で出すな」戸崎圭太のポツン騎乗に非難の声!? 最終レースで逆転狙ったファンから非難轟々、大波乱に一役買った人気馬の轟沈はなぜ起きたのかの画像1

 7月に入り、「荒れる」ことでお馴染みの夏競馬が本格的に始まった。4日に行われた3歳重賞のラジオNIKKEI賞(G3)では、早速3連単の払戻が31万6180円と大波乱。多くのファンの頭を悩ませたことだろう。

 一般的にメインレース終了時点で、収支がマイナスのファンの大半が考えることは1つ。最終レースを的中させ、マイナスをプラスにして巻き返すことである。

 しかし、ラジオNIKKEI賞の後に行われた福島最終12Rでは、“逆転”を目論んで馬券を購入した一部のファンにとって阿鼻叫喚のハプニングが発生した。

 原因となったのは、ホウオウルバン(牡3歳、美浦・池上昌和厩舎)である。

 単勝オッズ10倍以下の馬が6頭いる混戦模様の一戦であったが、同馬は5番人気の支持を受けた。

 同馬を管理する池上師は、「前走は疲れがあった。今回はチークピーシーズを着用。福島1700mは少し忙しいかもしれないが、地力の高さと馬具効果でカバーできれば」と、レース前には期待の大きさが読み取れるコメントをしていた。

 しかし、同馬はスタートで後手を踏み、最後方からの追走を強いられる。徐々にポジションを上げていくのかと思いきや、勝負どころに差し掛かってもむしろ離される一方。池上師が少し忙しいとレース前に懸念していたが、少しばかりではなかった。結果的に最下位こそ免れたがタイムオーバーを適用されるほどの大敗を喫した。

JRA 「こんな状態で出すな」戸崎圭太のポツン騎乗に非難の声!? 最終レースで逆転狙ったファンから非難轟々、大波乱に一役買った人気馬の轟沈はなぜ起きたのかの画像2

 その一方、レース後には同馬に期待していた一部のファンからは不満の声が噴出した。怒りの矛先は、見方によっては勝つ気のない無気力騎乗に見える、後ろから回って来ただけのポツン騎乗となった戸崎圭太騎手と池上師である。

 ネットやSNSでは、「こんな状態でよく出そうと思ったな」「公正競馬とは何なのか」といった過激な意見も見られたほどだった。

 しかも、ホウオウルバンは今回が約3ヶ月ぶりの実戦。確かに連戦による疲労で余力が残っていなかったという訳でもないだろう。池上師が話していたように、前走時のような疲労はないと考えるのが自然である。

 実際、前走時の最終追い切りが美浦南Wで一杯に追って「71.5-55.9-41.9-14.0」であったのに対し、今回は同じコースで「66.8-51.7-38.3-12.9」を馬なりでマーク。少なくとも数字的には、前走より走れる状態にあったと考えられる。

JRA 「こんな状態で出すな」戸崎圭太のポツン騎乗に非難の声!? 最終レースで逆転狙ったファンから非難轟々、大波乱に一役買った人気馬の轟沈はなぜ起きたのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  6. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  9. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  10. JRA阪神JF(G1)「勝率75%」ソダシ育てた名伯楽が勝負気配、「ドゥラメンテの牝馬は走らない」噂もついにストップか