NEW

JRA 福永祐一「人為的に変える必要がある」クロノジェネシス凱旋門賞直行に助言!? 「特にディープインパクトの子供は……」日本馬と欧州馬の決定的な違いとは

【この記事のキーワード】, ,

JRA 福永祐一「人為的に変える必要がある」クロノジェネシス凱旋門賞直行に助言!? 「特にディープインパクトの子供は……」日本馬と欧州馬の決定的な違いとはの画像1

 日本競馬界の悲願、凱旋門賞(G1)制覇――。

 1969年のスピードシンボリから始まったこの挑戦は、世界とのレベル差を痛感させられる「2桁着順」という結果から始まった。

 それから30年後の1999年には、エルコンドルパサーが2着と健闘。当時ヨーロッパ最強と謳われたモンジューに対し半馬身差の接戦に持ち込んだレースは、多くの競馬ファンに悲願達成の実現が間近に迫っていることを感じさせた。

 しかし、それから約22年。2000年代に入りナカヤマフェスタとオルフェーヴルが2着(延べ3回)と健闘したが、2021年現在も未だにその悲願は達成されていない。

 今年も凱旋門賞(10月3日)まで3カ月を切ったが、何と言っても注目は宝塚記念(G1)の勝ち馬クロノジェネシス。2000年以降で接戦を演じたナカヤマフェスタとオルフェーヴルはどちらも宝塚記念を制しており、今年の同レースを2馬身半差で圧勝したクロノジェネシスにも勝利への期待がかかるのは当然だ。

JRA 福永祐一「人為的に変える必要がある」クロノジェネシス凱旋門賞直行に助言!? 「特にディープインパクトの子供は……」日本馬と欧州馬の決定的な違いとはの画像2

 クロノジェネシスの凱旋門賞挑戦には、日本のトップジョッキーである福永祐一騎手も言及。吉本興業所属の漫才コンビ・ビタミンSのお兄ちゃんが持つYouTubeチャンネル『お兄ちゃんネル』で持論を展開している。

「100m走が日本だとしたら、向こうは100mハードル。走り方一緒なわけないやん」

 馬券攻略に役立ちそうな話など他にもボリュームある内容になっているので、詳細はそちらでご覧いただきたいが、欧州のレースを「ハードル競走」に例えたのは福永騎手ならではだろう。

 人工的に作られた日本の高速馬場とは違い、欧州は自然をそのまま生かした馬場。路盤の保水性が高く、軟らかいことに加え、芝は沈み込む洋芝と日本よりも重たい。簡単に言えばパワーを要し、時計のかかる馬場である。

 福永騎手は過去の事例を持ち出し「エルコンドルパサーみたいに長期滞在して徐々に馬を慣らしていって……まあディアドラもそうだけど、みんなやっぱり途中で馬が変わっていった」と、欧州の特殊な馬場に適応することの重要性を語っており、前哨戦を使わずに凱旋門賞に直行することが発表されているクロノジェネシスについては「短期決戦に行く場合は、やっぱ人為的に変える必要がある」と、人が教え込む必要性も論じた。

JRA 福永祐一「人為的に変える必要がある」クロノジェネシス凱旋門賞直行に助言!? 「特にディープインパクトの子供は……」日本馬と欧州馬の決定的な違いとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合