NEW

JRA G1未勝利騎手の「匂わせ」発言がプチ炎上!? 「もはやトップとかG1への憧れはそんなにない」ファンから批判に晒された騎乗スタンスの真意とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA  G1未勝利騎手の「匂わせ」発言がプチ炎上!? 「もはやトップとかG1への憧れはそんなにない」ファンから批判に晒された騎乗スタンスの真意とはの画像1

 11日、福島競馬場では古馬の中距離ハンデキャップ重賞の七夕賞(G3)が開催される。7月7日の七夕にちなんだ夏の名物レースだが、その7日にある騎手のSNSでの発言が競馬ファンの間でちょっとした炎上騒ぎとなった。

 ある騎手とは関東の宮崎北斗騎手のことである。同騎手は今年、5勝を挙げて全国騎手リーディング86位。2010年にセラフィックロンプで愛知杯(G3)制して以来、重賞勝利から遠ざかっている。

 物議を醸すことになった事の発端は、宮崎騎手のTwitterでの発言内容だ。

 この中で、宮崎騎手は「強がってるのではない」と前置きしつつ、「もはやトップジョッキーとかG1への憧れはそんなにない」とツイートしていたからである。

 宮崎騎手がG1未勝利ということもあり、これだけだと向上心がなくなってしまったのかと心配したくなるが、その理由として「良くも悪くも業界の本質が見えてきてしまったから」と、意味深にも受け取れる“匂わせ”発言を続けた。

「だけど、こんなにうまくなりたがってるヤツも他にいないと思う(笑) あとは、家族に不自由させたくない。それだけ」とも述べているように、決して競馬に対する意識が低下した訳ではなさそうだ。

 しかし、人によっては受け取り方が多種多様のため、これらの発言を受けて否定派と肯定派で見解の相違が生じたことは、仕方がなかったかもしれない。

 否定派の主な主張は、騎手として「上手くなる」とともに関係者からの信頼が厚くなり騎乗数も増え、それに比例して騎乗馬の質が上がってG1での騎乗機会も増えるだろうといった一般的な考えをベースとしたものだ。これだと、「トップジョッキーやG1への憧れはそんなにない」といった発言に違和感を覚えるファンが出たのも当然といえるだろう。

 中には「G1を勝ってから言え」「他の騎手への僻みじゃないか」「プロならトップを目指せ」といった厳しい意見もあった。

 これに対し、肯定派の主張は「腕は確かなのにチャンスがもらえないのは同情する」「家族がいるのだから、まずは食べていくのが優先」「言いたいことは何となくわかる」といった宮崎騎手の心情を推し量る意見が多かった。

 また、それ以前に一部では「心の中で思っても口に出しちゃいけない」「ダサい、恥ずかしい」「現実逃避」など、発言したこと自体を快く思わない意見も出ていた。

 勿論、宮崎騎手なりに思うところがあっての発言であり、この短い文言ですべてを察した気になるのは早計。発言の一部のみを切り取ったのでは真意がわからないだろう。

 ただ、ひとつ気になるとすれば、「業界の本質が見えてきてしまった」という部分だ。

JRA G1未勝利騎手の「匂わせ」発言がプチ炎上!? 「もはやトップとかG1への憧れはそんなにない」ファンから批判に晒された騎乗スタンスの真意とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直