NEW

JRA「七夕の願い」を信じてはいけないこれだけの理由!? 七夕賞(G3)が枠連「7−7」で決まったのは……

【この記事のキーワード】, ,

 馬番「7番」はどうか。過去10年の「7番」に入った10頭のうち3頭が3着に入るも、優勝馬と2着馬はなし。勝率・連対率が0.0%では、枠順や馬番からの優位性は感じられない。

 過去データからは「7枠」や「7番」は、決して縁起がよいとはいえない七夕賞。さらにしつこく、七夕賞と「7」の因果関係を掘り下げよう。

 過去10年の七夕賞に出走した馬は、のべ153頭。2年連続出走するなどリピーター馬もいたが、「7歳」で出走した馬は24頭いた。

 しかしこちらの成績も頼りなく、優勝馬は2018年のメドウラークただ1頭。勝率4.2%では、「七夕賞では7歳が来る」ジンクスは、ないに等しい。

 さらに「7文字」の出走馬は、過去10年で34頭が出走。こちらも優勝したのは、2015年のグランデッツァただ1頭。2着も2015年のステラウィンドがいるだけ。

 ほかの「7文字」馬では、パワーポケットとタガノエルシコがそれぞれ3着。つまり34頭のうち、馬券に絡んだのはたったの4頭。ここまでくると、七夕賞にとって「7」という数字は、むしろ呪われているのでは……とすら思える。

 過去10年の七夕賞にとっては、不吉な数字ともいえる「7」という“忌(い)み数”。最後に視点を変えて考察しよう。

 七夕の夜に逢瀬を許される彦星と織姫のように、過去の七夕賞では牡馬・牝馬のワンツーフィニッシュは実現したのだろうか。

 結論からいうと、2011年の1着馬イタリアンレッドが過去10年で唯一の優勝牝馬で、2着には牡馬タッチミーノットが入線。牡馬と牝馬が逢瀬を果たしたのは、過去10年でこの1度だけと、冒頭のロマンチックな伝説を“台無し”にする結果が残っている。

 今年の七夕賞で唯一の出走牝馬となるのが、M.デムーロ騎手が騎乗する1枠2番のロザムール。2着以内に入らなければ、七夕賞の牡馬・牝馬のワンツーフィニッシュは10年間も実現せず……という“悲しい”結果となるが、果たしてどうなるか。

 もちろん、紹介した「7」にまつわる馬たちの結果にも注目したい。(文=鈴木TKO)

<著者プロフィール>
野球と競馬を主戦場とする“二刀流”ライター。野球選手は言葉を話すが、馬は話せない点に興味を持ち、競馬界に殴り込み。野球にも競馬にも当てはまる「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」を座右の銘に、人間は「競馬」で何をどこまで表現できるか追求する。

JRA「七夕の願い」を信じてはいけないこれだけの理由!? 七夕賞(G3)が枠連「7−7」で決まったのは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか