NEW

JRA 弟の楽逃げ許さん! 未勝利戦なのに横山和生VS武史「30秒間」意地の張り合いデッドヒート!?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA 弟の楽逃げ許さん! 未勝利戦なのに横山和生VS武史「30秒間」意地の張り合いデッドヒート!?の画像1

 10日、夏競馬が本格的に始まった7月2週目の中央競馬。大ベテラン横山典弘騎手は騎乗予定がないものの、そんな父とは対照的に、息子たちは精力的に騎乗している。

 長男の和生騎手とその弟武史騎手は、共に土日合わせて16レースに騎乗予定。そして、2人とも土日両日とも函館競馬場で騎乗している。つまり、今週の函館は何度も「兄弟対決」が実現するということだ。

 同時に、この日までに関東2位で42勝の武史騎手と、関東3位で41勝の和生騎手の対決は、関東リーディング首位の吉田隼人騎手を追いかける熾烈な争いでもあるのだ。

 両者の激しいバトルは兄弟対決の“開幕戦”で早くもその火花を散らした。函館4Rである。

 このレースは、ダート1700mの14頭で争われる3歳未勝利戦。1番人気は武史騎手騎乗の14番ギャリエノワール(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)だった。これまで芝で3戦走り、全て馬券圏内の安定感を買われ、単勝オッズ1.9倍の圧倒的な支持を受けた。

JRA 弟の楽逃げ許さん! 未勝利戦なのに横山和生VS武史「30秒間」意地の張り合いデッドヒート!?の画像2

 一方、和生騎手は10番デルマタモン(牡3歳、美浦・勢司和浩厩舎)に騎乗した。主に2、3走前に2着を確保していることが評価され、3番人気で単勝オッズは4.6倍だった。

 レースは、まずまずのスタートを切った武史騎手のギャリエノワールが、一気にハナを叩き逃げの手に。対する和生騎手のデルマタモンは、出負けした格好で後方5番手からレースを進める。

 主導権を握った武史騎手は、淡々とした流れでレースを引っ張る。過去5年における逃げ馬の複勝率が、50%を超えるコースだけに、この時点で武史騎手が快勝するのではと思ったファンも多かったかもしれない。

 ただ、それに待ったをかけるように1頭、ギャリエノワールに忍び寄る。

 和生騎手のデルマタモンだ。

JRA 弟の楽逃げ許さん! 未勝利戦なのに横山和生VS武史「30秒間」意地の張り合いデッドヒート!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!