NEW

JRA【函館記念(G3)展望】ダート王カフェファラオ“出走”なら大注目!凱旋門賞(G1)“登録”マイネルウィルトスは試金石の一戦

【この記事のキーワード】, ,

JRA【函館記念(G3)展望】ダート王カフェファラオ出走なら大注目!凱旋門賞(G1)登録マイネルウィルトスは試金石の一戦の画像1

 18日、函館競馬場では『サマー2000シリーズ』第2戦の函館記念(G3)が行われる。

 昨年は15番人気アドマイヤジャスタが優勝、2着にも13番人気ドゥオーモが追い込み、馬連配当が13万円を超える大波乱となった。果たして今年も荒れるのか、出走を予定している有力各馬を見ていこう。

 最大の注目は、今年のフェブラリーS(G1)の覇者カフェファラオ(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)の動向だろう。

 これまでの戦績通り、地方の砂は明らかにフィットせず。中央では使えるレースも限定されることから、芝に矛先を求めてきた。

「秋へ向けて、小回りコースへの適性を見てみたい」という堀調教師。函館記念の出否はハンデ次第という。課される斤量によっては、函館記念を見送り、札幌記念に向かうか、両レースに出走する可能性もあるという。どちらにしても芝での走りを最低1回は見られそうだ。

 ご存じの通り、アメリカンファラオ産駒は勝つときも負けるときもあっさりというのが特徴。カフェファラオも例に漏れず、「5-0-0-3」という戦績が示す通り極端なタイプである。

 初芝で評価しづらいが、その産駒はリフレイムなど芝でも結果を出している。特に海外では芝向きの馬も多数出ており、楽しみの方が大きい。競馬界に新たな二刀流は誕生するか。

 2連勝中の上がり馬、マイネルウィルトス(牡5歳、栗東・宮徹厩舎)は、前走の勝ちっぷりが鮮やかだった。

 それが4月18日に新潟で行われた福島民報杯(L)。前日から降り続いた雨と強風の影響でかなり時計の掛かる極悪馬場のなか、道中4番手を追走したマイネルウィルトスは、直線抜け出すと後続との差は広がる一方だった。

 上がり3ハロンはメンバー唯一の39秒台で、2着馬になんと1秒8差をつける大差勝ち。道悪適性の高さを示し、重賞未出走馬としては、異例ともいえる凱旋門賞(G1)登録を行った。函館記念の結果次第では大舞台に挑戦する可能性もあるという。

 洋芝は過去2度走って2着と3着。3連勝を飾って、秋にはロンシャンの地を踏むことになるのだろうか。

JRA【函館記念(G3)展望】ダート王カフェファラオ“出走”なら大注目!凱旋門賞(G1)“登録”マイネルウィルトスは試金石の一戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール