NEW

JRA【函館2歳S(G3)展望】馬体重“98kg差”の一騎打ち!? 「新種牡馬」シルバーステート産駒メリトクラシーVS「ラストクロップ」キングカメハメハ産駒ポメランチェ!

JRA【函館2歳S(G3)展望】馬体重98kg差の一騎打ち!? 「新種牡馬」シルバーステート産駒メリトクラシーVS「ラストクロップ」キングカメハメハ産駒ポメランチェ! の画像1

 17日、函館競馬場では世代最初の2歳重賞・函館2歳S(G3)が行われる。

 例年であれば、同じ函館芝1200mコースを勝ち上がってきた馬も多いが、今年は東京五輪開催の影響で北海道シリーズは札幌での開幕だった。そのため、コース経験を持つ馬が限られる中での一戦となりそうだ。

 そんななか、ここを目標に調整されていた外国産牡馬のグランアプロウソが左後肢骨折で回避。代わって浮上したのが新馬戦で逃げ切り勝ちを収め、1戦1勝でここに向かう牝馬2頭だ。

 6月13日に中京芝1200mでデビューしたメリトクラシー(牝2歳、栗東・武幸四郎厩舎)。内からハナを切るとマイペースで逃げ、直線も脚色は衰えることなく、そのまま押し切った。

 期待の新種牡馬シルバーステート産駒としてJRA初勝利を飾り、前走後は在厩で調整。今月4日に函館入りして、調教を積んでいる。

「無事に長距離輸送もクリアしたようですね。デビュー戦の馬体重が490kgなので、2歳牝馬としてはかなりの大型馬。力の要る洋芝もこなしてくれるのではないでしょうか。

気掛かりなのは、一度C.ルメール騎手と発表された鞍上が未定になってしまったことです。いい騎手を確保できればいいのですが……」(競馬ライター)

 11日時点で鞍上は未定のままだが、メリトクラシーとコンビを組むのはどのジョッキーになるのか。将来性の高い馬だけに、その発表が注目される。

 もう1頭の有力牝馬が先月19日に札幌芝1200mでデビューし、逃げ切り勝ちを収めたポメランチェ(牝2歳、栗東・牧田和弥厩舎)だ。父は現2歳世代がラストクロップとなる偉大な種牡馬キングカメハメハである。

 メリトクラシーと同じようにデビュー戦で逃げ切ったが、その時の馬体重が392kg。メリトクラシーに比べ何と98kgも軽い小柄な馬だ。

 すでにデビュー戦で洋芝を経験済み。しかも、1分7秒9というタイムを記録し、前週に更新されたばかりの2歳コースレコードを1秒0塗り替えた。これは、同日行われた3歳未勝利戦より0秒5速く、1勝クラスより0秒3遅いだけという非常に優秀なもの。4馬身ちぎった2着のナムラリコリスも、次走あっさり勝ち上がっており、レースレベルも低くなかった。

 血統背景からも期待が高まる。サクラバクシンオー産駒の母オレンジティアラは現役時代4勝全てを1200m戦で挙げ、小倉2歳S(G3)3着と早い時期から活躍した。

 鞍上を務める藤岡佑介騎手は2年前にビアンフェでこのレースを逃げ切っている。再現はあるか。

JRA【函館2歳S(G3)展望】馬体重“98kg差”の一騎打ち!? 「新種牡馬」シルバーステート産駒メリトクラシーVS「ラストクロップ」キングカメハメハ産駒ポメランチェ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか