NEW

JRA「ツインターボ師匠」降臨に『みんなのKEIBA』大絶賛!? 七夕賞(G3)直前の「神サイン」当時の2着馬、実はトーラスジェミニ調教師が……

JRA「ツインターボ師匠」降臨に『みんなのKEIBA』大絶賛!? 七夕賞(G3)直前の「神サイン」当時の2着馬、実はトーラスジェミニ調教師が……の画像1
トーラスジェミニ 撮影:Ruriko.I

 11日、福島競馬場で行われた伝統のハンデ重賞・第57回七夕賞(G3)は、戸崎圭太騎手が騎乗した2番人気のトーラスジェミニ(牡5歳、美浦・小桧山悟厩舎)が2番手から勝利。今春の安田記念(G1)の5着馬が、スピードの違いを見せつけた。

 結果的に、逃げたロザムールが2着に粘り込み、いわゆる“行った行った”の決着となった今年の七夕賞。ハンデ戦らしい難解な決着となったが、この日はレース中継を行った『みんなのKEIBA』(フジテレビ)が大絶賛を集めたようだ。

 日曜日の競馬中継でお馴染みの『みんなのKEIBA』が、ネット上の競馬ファンから絶賛されたのは「七夕賞直前の演出」だ。

 毎週、歴代の優勝馬をピックアップするという、言ってしまえば定番の演出だが、この日番組が選んだのが1993年の七夕賞の覇者ツインターボだった。

 ツインターボといえば、稀代の逃げ馬として競馬ファンの間でも長く親しまれている馬だが、最近では大ヒットアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)で個性派ウマ娘として登場して一躍人気者に。そんな背景もあって、七夕賞当日のこの日はレース前からSNSなどで「ツインターボ」が度々話題になっていた。

 そんな中で『みんなのKEIBA』にツインターボが登場したのだから、競馬ファンが沸き立ったのも当然か。

 七夕賞を逃げ切るツインターボの雄姿と共に「これはツインターボ! ターボエンジン全開で逃げきった! ツインターボが勝ちました!」という実況が流れた直後は、たちまち「ツインターボ師匠」がトレンド入り。ちなみに「師匠」は、アニメ放送で「ターボ師匠」呼ばれていたことからファンの間にも定着したようだ。

 ネット上のSNSや掲示板などでは「ターボ師匠だ!」「見れただけで胸アツ」「ツインターボとは、わかってるな!フジ」「ナイス演出」「久しぶりに見れて嬉しい」など、『みんなのKEIBA』の空気を呼んだ演出に絶賛の声が集まった。

 中には、ウマ娘の影響もあって「ホントに『ターボエンジン全開!』って言ってたんだ!w」「これがリアルターボ師匠か!」と、今回で初めて競走馬のツインターボを目にしたファンも少なくなかったようだ。

「『みんなのKEIBA』としては、願い通りの演出だったのではないでしょうか。VTRの直後には番組に出演していたDAIGOさんも『大逃げと言えばツインターボという印象が強いですね』と感慨深そうな様子でしたよ。

また、その直後にDAIGOさんが『さて、細江さん。今年も逃げ馬が揃いましたが、鍵はやはりトーラスジェミニでしょうか』と振れば、細江純子さんが『もしロザムールが行くのなら、(トーラスジェミニの鞍上)戸崎さんも無理をされないのかなと思うんですけれど』と冷静な分析。結果的にこの2頭がワンツーゴールですから、番組としては大成功だったのではないでしょうか」(競馬記者)

 また別の記者の話では、この日の『みんなのKEIBA』の“ツインターボ演出”は、さらに神懸っていたというから驚きだ。

JRA「ツインターボ師匠」降臨に『みんなのKEIBA』大絶賛!? 七夕賞(G3)直前の「神サイン」当時の2着馬、実はトーラスジェミニ調教師が……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  3. JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?
  4. JRA【平安S(G3)予想】大本命テーオーケインズから紐荒れ狙いで「好配当」狙う穴馬をピックアップ
  5. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  6. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  7. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  8. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  9. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  10. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ