NEW

JRA 武豊アスクワイルドモア、新人騎手の「神逃げ」に5馬身差完敗デビュー……明暗分かれたキズナ産駒。千葉サラブレッドセール高額2位の注目馬破れる

【この記事のキーワード】, ,

JRA 武豊アスクワイルドモア、新人騎手の「神逃げ」に5馬身差完敗デビュー……明暗分かれたキズナ産駒。千葉サラブレッドセール高額2位の注目馬破れるの画像1

 11日、函館競馬場で行われた5Rのメイクデビュー函館は、小沢大仁騎手が騎乗した7番人気の伏兵エクラノーブル(牝2、栗東・浅見秀一厩舎)が優勝。2着に2番人気アスクワイルドモア、1番人気に支持されたヒシアラカンは3着に敗れた。

 勝ったエクラノーブルはキズナ産駒で母ノーブルステラ、母の父モンズンという血統。夏の函館でまた楽しみな1頭が登場した。

「道中も力まずに自分のペースで走れました。後ろから他の馬が来たらハミを取って走ってくれたし、直線も指示を出すとすぐに反応してくれました」

 小沢騎手がそう振り返ったように、これがデビュー戦とは思えないほど、余裕のある走りだった。

 12頭立ての芝1800m戦。内から好スタートを決めた小沢騎手は、エクラノーブルを促して先頭を奪いに行く積極策。これに外からウインイノセンスが競り掛けようとするが、前との差が詰まらずに3番手からの競馬に切り替え。これを制してチョッピーが2番手に上がる。

 エクラノーブルは後続との差を2馬身から3馬身ほどキープしながら、1000m通過63秒5のマイペースの逃げに持ち込むことに成功。後続は3コーナー手前から追い上げ始めるが、一向に差は詰まらない。

 最後の直線に入っても、余裕十分の手応えで逃げるエクラノーブルの独走は終わらない。ゴールでは2着アスクワイルドモアに5馬身の差をつける圧勝だった。

「デビュー戦の体重は416キロと小柄ですが、いいスピードを持っていそうですよ。後続を引き付けながらの逃げ切り勝ちと渋い内容でした。一度は詰め寄られるシーンもありましたが、二段ロケットで突き放したのはさすがです。

また、1800m戦で楽勝したので距離延長も問題なさそうな雰囲気です。スピードとスタミナのバランスも良く、次走でも期待できそうですね」(競馬記者)

 一方、アスクワイルドモアにとっては、ほろ苦いデビューとなった。今年の千葉サラブレッドセールで2番目に高い6310万円で落札された素質馬。手綱を取るのは武豊騎手と期待も大きかったが、今日は流れも向かなかった。道中は押っ付けながらの追走で、ヒシアラカンとの2着争いを制するのが精一杯だった。

 同じキズナ産駒で明暗は分かれたが、レース前には陣営も「促さないといけないところや、前進気勢がまだないところは、1回使えば良くなる」とコメントしていたように、アスクワイルドモアも、まだまだ成長途上。

 次走でも引き続き好戦を期待できそうだ。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA 武豊アスクワイルドモア、新人騎手の「神逃げ」に5馬身差完敗デビュー……明暗分かれたキズナ産駒。千葉サラブレッドセール高額2位の注目馬破れるのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々