NEW

JRA キタサンブラック全弟が「武豊降板後」に4戦3勝の快進撃! 3馬身差の圧勝「オープンでも楽しみ」7冠馬弟がいよいよ本格化

JRA キタサンブラック全弟が「武豊降板後」に4戦3勝の快進撃! 3馬身差の圧勝「オープンでも楽しみ」7冠馬弟がいよいよ本格化の画像1

 11日、福島競馬場で行われた10R天の川S(3歳上、3勝クラス)は、柴山雄一騎手の5番人気エブリワンブラック(牡4、栗東・武幸四郎厩舎)が優勝。2着キタノオクトパスに3馬身差の圧勝でオープン入りを決めた。3着に1番人気ファイアランス。

 もどかしい競馬の続いていた期待馬が、雨の降り続く福島で混戦を切り裂いた。

 エブリワンブラックにとって初コースとなった福島・ダート1700mは15頭立て。好スタートを決めたファイアランスを、内からホッコーアカツキが交わして一気に先頭へと躍り出る。さらに3番手にダノンロイヤルがつけ、そのまま先行勢を形成するかに思われた。

 だが、今度は外からナンヨーイザヨイ、ロードアブソルート。内からコウソクスピードも3番手争いに参戦して出入りの激しい展開に。3コーナー手前あたりから、後方に位置していたエブリワンブラック、キタノオクトパスが徐々に進出を開始。前にいる馬は終始、先行争いを繰り広げている状態だ。

 最後の直線に入り、競り合いを続ける先行勢を射程に入れたエブリワンブラックは、内目の追走から馬場の真ん中に出して進路を確保。鞍上からゴーサインが出されると一気に末脚を伸ばして抜け出しに成功すると、2着争いを尻目にゴールでは2着馬に3馬身のセーフティリードを築いていた。

「道中はなかなか進まなかったが、直線で弾けてくれた。本当に力をつけている。これなら、オープンでも楽しみだと思う」

 次走でも目処の立つ圧勝劇に、初コンビの柴山騎手も高評価を与えた。

 19年10月に東京でデビューしたエブリワンブラック。このレースで3着と敗れ、未勝利脱出に5戦。次の1勝クラスでもクラス卒業までに8戦を要している。

 好走しても2着、3着が続いたように勝ち切れない馬のイメージが根強かったものの、次の2勝クラスはわずか2戦で卒業。そして今回、これまで連勝に無縁だった馬が、キャリア初の連勝と一変。レース内容からも、本格化を思わせる快進撃といえるだろう。

「連勝も初なら3馬身以上の差をつける勝利も初。これまでとは別馬のような圧勝でした。血統はキタサンブラックの全弟ですが、クラシックでも活躍していた兄と違って、ダートが主戦場の地味な存在。次走でも勝つようならチャンピオンズC(G1)でも惑星になるかもしれません。

近4走は別の騎手が騎乗していますが、管理しているのも武豊騎手の全弟(笑)の武幸四郎調教師ですから、コンビ復活もありそうです」(競馬記者)

JRA キタサンブラック全弟が「武豊降板後」に4戦3勝の快進撃! 3馬身差の圧勝「オープンでも楽しみ」7冠馬弟がいよいよ本格化の画像2

 かつてG1・7勝を挙げた兄のキタサンブラックは、武豊騎手が主戦になって、さらに大きく飛躍。2年連続の年度代表馬に選出されるなど、一時代を築いた。

 その点で全弟のエブリワンブラックが今春、武豊騎手が乗り替わってから4戦3勝という快進撃が始まったのは皮肉なことだが、武豊騎手の腰痛や骨折とタイミングが重なっただけで、本馬に対する期待はまだまだあるはずだ。

 ダートで開花した素質馬の圧勝は、はたして本物なのか。

 7冠馬の偉大な兄キタサンブラックの背中はまだまだ遠いが、真価を問われる次走でどのような走りを見せるか注目が集まりそうだ。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA キタサンブラック全弟が「武豊降板後」に4戦3勝の快進撃! 3馬身差の圧勝「オープンでも楽しみ」7冠馬弟がいよいよ本格化のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?