NEW

JRA田辺裕信「ケイコの時から、らしさがなかった」5番人気15着大敗のワーケアは「何故」七夕賞(G3)復帰だったのか。格下3頭併せ「2馬身遅れ」も記者が明かした“強行軍”の理由

【この記事のキーワード】, ,

JRA田辺裕信「ケイコの時から、らしさがなかった」5番人気15着大敗のワーケアは「何故」七夕賞(G3)復帰だったのか。格下3頭併せ「2馬身遅れ」も記者が明かした強行軍の理由の画像1

 11日、福島競馬場で行われた七夕賞(G3)は、2番人気のトーラスジェミニ(牡5歳、美浦・小桧山悟厩舎)が勝利。本馬を管理する小桧山調教師は、これが嬉しいJRA通算200勝目となった。

 レース直前から雨が勢いを増し、公式発表の「稍重」とは思えない悪条件で行われた今年の七夕賞。1番人気の福島巧者クレッシェンドラヴが14着に沈んだように、出走各馬にとって能力を発揮できた馬と、そうでない馬の明暗が大きく分かれたレースだった。

 しかし、「それ以前」の状況なのが、5番人気に推されながらも15着に大敗したワーケア(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)ではないだろうか。

 16頭立て、芝2000mのレースで7枠14番からのスタートだったワーケアは、終始外々を追走。4コーナーでは外から先頭集団に取り付いて、勝ちパターンに持ち込んだようにも見えたが、そこからズルズルと後退……。

 結局、前のクレッシェンドラヴから6馬身も遅れた15着に大敗した。

「今回は骨膜を除去する手術明けということもあって、昨年10月の富士S(G3)以来のレースでしたが、(完全復活までには)まだちょっと時間がかかりそうですね。

手塚調教師は戦前『去年の新潟記念(G3、10着)や富士S(G3、8着)の時よりも状態は良い』と話していましたが、その一方で直前の3頭併せ馬でも格下馬を相手に約2馬身の遅れ……。ちょっと戦える状態になかったのかもしれません」(競馬記者)

JRA田辺裕信「ケイコの時から、らしさがなかった」5番人気15着大敗のワーケアは「何故」七夕賞(G3)復帰だったのか。格下3頭併せ「2馬身遅れ」も記者が明かした強行軍の理由の画像2

 そんな記者の発言を裏付けるようにレース後、騎乗した田辺裕信騎手は「ケイコの時から、らしさがなかった」と状態面を敗因に挙げている。

 ワーケアといえば、デビュー戦からC.ルメール騎手とコンビを組み、ホープフルS(G1)では不利を受けながらも3着と、現4歳世代トップクラスの実力馬だった。ルメール騎手と手塚調教師のコンビということもあり、天皇賞・春(G1)を連覇して昨年末に引退したフィエールマンの後継者として期待されているほどの大器だ。

 実際に、手塚調教師も先日の『スポーツ報知』の取材に「いずれは、うちの厩舎の看板馬になってほしい」と話しており、本来であれば見据えるのは当然G1制覇。もし状態面が本物でなかったのであれば、福島へ遠征してまで七夕賞に出走する意味は、あまりないようにも思えるが……。

 そもそも何故、このような状態で出走に踏み切ったのだろうか。ある記者は「あくまで個人的な推測ですけど」と前置きした上で、その理由を語る。

JRA田辺裕信「ケイコの時から、らしさがなかった」5番人気15着大敗のワーケアは「何故」七夕賞(G3)復帰だったのか。格下3頭併せ「2馬身遅れ」も記者が明かした“強行軍”の理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  3. JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?
  4. JRA【平安S(G3)予想】大本命テーオーケインズから紐荒れ狙いで「好配当」狙う穴馬をピックアップ
  5. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  6. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  7. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  8. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  9. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  10. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ