NEW

JRA三連単「194万円」の大波乱!「近3走サッパリ」の14番人気馬が立役者となったプロキオンS(G3)、G1通算7勝のアノ名馬が波乱の後押し!?

JRA三連単「194万円」の大波乱!「近3走サッパリ」の14番人気馬が立役者となったプロキオンS(G3)、G1通算7勝のアノ名馬が波乱の後押し!?の画像1

「良いスタートを切れて、揉まれないところを取って、良いペースで自分の競馬が出来ました。相手や展開によるところはありますが、湿った馬場が良さそうです」

 11日に小倉競馬場で行われたプロキオンS(G3)で2着に入ったトップウイナー(牡5歳、栗東・鈴木孝志厩舎)の鞍上・和田竜二騎手はレース後、そう振り返った。

 レースを制したのは9番人気のメイショウカズサ、そして3着には12番人気のメイショウウズマサが逃げ粘った。そして、メイショウ軍団2頭の間に割って入ったのが14番人気のトップウイナーだった。

 和田竜騎手のコメント通り、好スタートを決めたトップウイナーは道中2番手を確保。抜群の手応えで4角を回ると、早々とメイショウウズマサを捕らえ、先頭に躍り出た。最後はメイショウカズサに交わされ、2馬身半突き放されたが、三連単194万4140円という大波乱の一端を担った。

 単勝オッズ73.1倍という低評価だったトップウイナー。オッズ通り、多くのファンにとってノーマークの存在だったに違いない。それもそのはず、特に近3走は“さっぱり”だった。

「16着→競走中止→16着」という成績はトップウイナーを“消す”理由として十分だったと言っても異論はないだろう。ところが、実際はトップウイナーを“買う”要素も決して少なくなかった。

 “後出し”となってしまうが、レース後に気付いた好データが2つある。1つ目は、トップウイナーがマイナス馬体重で出走した時の「2-1-1-1」というデータ。唯一の馬券圏外が、競走中止に終わった2走前のオアシスS(L)だった。つまり、マイナス体重で完走したレースでは100%馬券に絡んでいたことになる。トップウイナーはしっかり「-6kg」でレースを迎えていた。

 2つ目は、前走から距離を短縮した時の「2-2-1-1」というデータ。これも、唯一の馬券圏外が地方・盛岡でのレースで、このときは4着だった。すなわち、中央で距離を短縮して臨んだレースでは複勝率100%をマークしていた。

 もしレース前にこれらのデータに気付いていれば、評価を少しは上げていたかもしれない。そしてもう一つ、トップウイナーを後押しした“もの”がある。

 それが鞍上を務めた和田竜騎手の好騎乗だ。

JRA三連単「194万円」の大波乱!「近3走サッパリ」の14番人気馬が立役者となったプロキオンS(G3)、G1通算7勝のアノ名馬が波乱の後押し!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合