NEW

「騎手やめたら馬主になりたい」武豊と共通の夢を実現!? ウマ娘バブルで評判馬を次々に落札した藤田晋氏、大ヒットゲームの「弱点」克服に前進か

【この記事のキーワード】

, ,

「騎手やめたら馬主になりたい」武豊と共通の夢を実現!? ウマ娘バブルで評判馬を次々に落札した藤田晋氏、大ヒットゲームの「弱点」克服に前進かの画像1

 12日、13日の2日間に渡り、苫小牧のノーザンホースパークで開催された「セレクトセール2021」。注目馬のセリを興味津々で見守るファンの声が、ネットの掲示板やSNSを賑わしている。

 一般人には想像もつかないような高額で、サラブレッドが落札されていく光景に、住む世界の違いを痛感させられたファンも少なくなかっただろう。

 そんな庶民には手の届かない場所で多くの評判馬を落札し、話題を独占していたのが大ヒットゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)を世に送り出したサイバーエージェントグループの代表取締役である藤田晋氏だ。

 藤田氏は5月21日に開催された2歳馬のセリ「千葉サラブレッドセール」にて、唯一のディープインパクト産駒プレミアステップスの19を、最高価格となる4億7010万円で落札したことでも話題になったばかり。

 多数の評判馬が上場される今年のセレクトセールでも、その動向に多くの関係者の興味が集まった。そんな藤田氏は大方の予想や期待に応えたのか、前日の1歳馬セールで早速、計12頭15億4100万円で落札。2日目の当歳馬セールでも「億超え」する馬を落札したように、藤田氏の爆買いの勢いは衰えず、その潤沢な資金力には驚嘆の声が上がった。

 だがその一方で、藤田氏の馬主業参入はある程度予想されていたことかもしれない。

 それは、今年1月に『GOETHE』(幻冬舎)にて公開された武豊騎手と対談の際、武豊騎手が「藤田さんが馬主として凱旋門賞を目指す、というのもありますよ(笑)」という話を振ると、藤田氏は「実は……興味は持っているんです。だんだん夢中になれることが減っていくなか、馬主って相当な趣味なんじゃないかと」と回答。

 続けて「僕も騎手をやめたら馬主になりたいと思っていますよ」と語った武豊騎手に、「やはり魅力あるんですね」と、満更でもないやりとりもされていたのである。藤田氏は、今でもたまに馬券を購入することがあるらしく、競馬に全く興味がなかったわけでもなさそうだ。

 次に気になるのが、馬主となった藤田氏が「ウマ娘」に与える影響だ。

 スペシャルウィークにサイレンススズカ、トウカイテイオーやシンボリルドルフ、メジロマックイーンやライスシャワーなど、過去の名馬がウマ娘として登場するのがゲームの魅力ではあるが、これらのキャラクターに共通しているのが過去の名馬であること。

「騎手やめたら馬主になりたい」武豊と共通の夢を実現!? ウマ娘バブルで評判馬を次々に落札した藤田晋氏、大ヒットゲームの「弱点」克服に前進かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!