NEW

多井隆晴「断固」ABEMAS宣言! 激動のオフシーズン滝沢和典「電撃退団」に白鳥翔が感じた「Mリーグに足りないもの」とは【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー前編】

【この記事のキーワード】, , , ,
多井隆晴「断固」ABEMAS宣言! 激動のオフシーズン滝沢和典「電撃退団」に白鳥翔が感じた「Mリーグに足りないもの」とは【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー前編】の画像1
激動のオフシーズンをどう感じたのか。渋谷ABEMASに「選手の声」を聞いた

 3シーズン目を終えた麻雀界最高峰のナショナルリーグ『Mリーグ』にとって、今夏のオフシーズンは「激動」と言わざるを得ないだろう。

 契約更改では、シーズン終了後に“卒業”を示唆していた最年長の前原雄大選手(KONAMI麻雀格闘倶楽部)に加えて、藤崎智選手(KONAMI麻雀格闘倶楽部)、和久津晶選手(セガサミーフェニックス)が契約満了ということで、Mリーグ史上初の自由契約選手に……。

 2020シーズン優勝を果たしたEX風林火山の滝沢和典選手に至っては、自ら退団して自由契約になるなど、誰もが未だ経験したことのないオフシーズンとなっている。

 そんな“動乱”の中、果たして同じMリーガーである「選手」は一体どういった心境だったのだろうか――。

 シーズンを3位で終えた渋谷ABEMAS多井隆晴選手(以下、多井)、白鳥翔選手(以下、白鳥)、松本吉弘選手(以下、松本)、日向藍子選手(以下、日向)に話を聞いた。

※インタビュー後編はコチラ


――KONAMI麻雀格闘倶楽部では前原選手と藤崎選手が、セガサミーフェニックスでは和久津晶選手が契約満了という形で自由契約になりました。3年目を終えたMリーグでは、初の自由契約選手ということになります。

プロ野球と同じで、契約満了で自由契約とはいえ実質的には戦力外通告という側面も……。プロスポーツとしては当然あり得ることですが、やはりMリーグのファンにとっては衝撃だったと思います。

多井:僕ら選手も驚きましたよ。プロスポーツでスポンサーの企業さんがいるんだから、成績を残せなかった選手と新しい選手を入れ替えることは、プロ野球とかJリーグでも当たり前のことなんだけど……。

多井隆晴「断固」ABEMAS宣言! 激動のオフシーズン滝沢和典「電撃退団」に白鳥翔が感じた「Mリーグに足りないもの」とは【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー前編】の画像2
やはり「選手の声」を代弁して口火を切ったのは、リーダーの多井選手 ※感染拡大防止対策として、適切な距離を取って収録影しています

――オフシーズンにそういった動きがあるということは、選手の方々は知っていたんですか。

多井隆晴「断固」ABEMAS宣言! 激動のオフシーズン滝沢和典「電撃退団」に白鳥翔が感じた「Mリーグに足りないもの」とは【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー前編】のページです。GJは、麻雀、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 麻雀
  • 総合
  1. 萩原聖人「95%は辞めるつもりだった」Mリーグ「引退」について告白……歴史的大敗からの逆襲のカギは原点回帰。今一度考えるべき「雷電の麻雀」とは
  2. KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大「卒業」に秘められた思いを告白。「100m歩くのに10分もかかった」盟友・佐々木寿人にさえ明かさなかった満身創痍の3年間
  3. 多井隆晴「断固」ABEMAS宣言! 激動のオフシーズン滝沢和典「電撃退団」に白鳥翔が感じた「Mリーグに足りないもの」とは【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー前編】
  4. 多井隆晴×佐々木寿人、Mリーグ開幕直前「No.1対談」実現! 通算「+922.1pt」VS「+803.1pt」2大エースは何故勝てるのか……見えた「強者」の共通点
  5. Mリーグ小林剛×黒沢咲、ついに初対談!「鳴くか、鳴かざるか」麻雀の永遠のテーマに迫る
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 小林剛×多井隆晴が新設『Mリーグ』を語り尽くす! 何故「コバゴーは勝てるのか」麻雀のセオリーを覆す「正論」に驚愕!?
  8. Mリーグ赤坂ドリブンズ「逆転セミファイナル進出」への思い激白!「大進化」を振り返る丸山奏子、村上淳は復活のカギは「東家」? 副露王・園田賢が「声を大にして言いたい」こと
  9. 多井隆晴×瀬戸熊直樹「最強位」のMリーグ対談! 禁断の「お前、ダサかったなあw」で号泣・多井がまさかのV字復活!? TEAM雷電「逆転ファイナル」が現実的な2つの理由
  10. 8月だョ!渋谷ABEMAS全員集合!! 「新加入」日向藍子登場に、キャプテン多井「Mリーグ開幕戦行ってみる?」【渋谷ABEMASインタビュー】
  11. 多井隆晴×松ヶ瀬隆弥、Mリーグ対談! 絶好調の「繊細なる超巨砲」は崖っぷちMリーガー!?「最低+200がノルマ」ビッグマウスの真意とは