NEW

JRAカフェファラオは出てきても「消し」で問題なし!? 白毛のアイドルソダシと対決の可能性も…… はたして函館記念(G3)に挑戦する意味はあるのか

【この記事のキーワード】, ,

JRAカフェファラオは出てきても「消し」で問題なし!? 白毛のアイドルソダシと対決の可能性も…… はたして函館記念(G3)に挑戦する意味はあるのかの画像1

 18日、函館競馬場では、古馬の中距離ハンデ重賞・函館記念(G3)が開催される。夏の北海道開催を彩るサマー2000シリーズの第2ラウンドだ。

 過去10年の3連単平均払戻は60万7115円と荒れ放題である。

 昨年は16頭立ての15番人気という超人気薄だったアドマイヤジャスタがアッと驚く勝利で大波乱を演出。2着にも13番人気のドゥオーモが食い込み、3着の3番人気バイオスパークとの組み合わせは、なんと343万2870円の特大万馬券ともなった。

 ハンデ戦で行われることもあって、荒れるレースとしても有名な夏の名物レースの攻略は、非常に難解だと言わざるを得ない。

JRAカフェファラオは出てきても「消し」で問題なし!? 白毛のアイドルソダシと対決の可能性も…… はたして函館記念(G3)に挑戦する意味はあるのかの画像2
カフェファラオ JBISサーチより

 そんな函館記念にC.ルメール騎手とのコンビで出走を予定しているのが4歳馬のカフェファラオ(牡4、美浦・堀宣行厩舎)だ。同馬は1番人気に支持された今年のフェブラリーS(G1)を制してG1タイトルを手に入れた。

 その一方、広くて軽い中央では持ち味のスピードが生きる反面、小回りでパワーを要する地方競馬の交流戦では、2回走っていずれも見せ場なく敗退。12月のチャンピオンズC(G1)を見据えるにしてもまだ先のため、カフェファラオにとっては適鞍がないということか。

 だが、アグネスデジタルやモズアスコットが芝ダート兼用で結果を残したのに対し、今回のカフェファラオについては、G3とはいえかなり高いハードルとなる。

 函館記念でカフェファラオに課される斤量はなんと58.5キロ。これは2番目となるバイオスパーク、レッドジェニアルの57キロよりも1.5キロも重く、これだけでも積極的に買えるかとなると疑問だ。

 さらに、58.5キロ以上の斤量で出走した馬は主だったところでも以下の通り。

86年ウインザーノット、60.5キロ、1番人気4着
88年シリウスシンボリ、59.0キロ、2番人気4着
88年メリーナイス、59.0キロ、3番人気2着
92年ラッキーゲラン、59.5キロ、4番人気5着
93年フジヤマケンザン、58.5キロ、1番人気4着
99年サイレントハンター、59.0キロ、2番人気8着

 いずれも上位人気に支持されながら勝利はなし。馬券に絡んだのはダービー馬メリーナイスただ1頭。初芝のカフェファラオに同じパフォーマンスを期待するのは酷かもしれない。

 これには陣営も「出否はハンデ次第。あまりハンデが重いようなら札幌記念(G2)」とコメントしていることから出否はまだ流動的だ。追切に騎乗したルメール騎手は、「芝で使うのは楽しみ」と手応えを掴んだようだが、同じくアメリカンファラオ産駒のリフレイムが芝をこなしたことも後押しか。最終的な判断はもう少し先となりそう。

 管理している堀師としては、洋芝と小回りでまずは様子を見たいということだろうか。

 58.5キロのハンデを嫌って札幌記念に出てくるようだと、白毛の女王ソダシと対決する可能性もある。それはそれで楽しみな対決となるが、開幕週の札幌は函館以上に高速馬場だったことは気になる材料だ。

 いずれにしてもカフェファラオの今後は、初芝でどのような走りを見せられるかに懸かっている。

JRAカフェファラオは出てきても「消し」で問題なし!? 白毛のアイドルソダシと対決の可能性も…… はたして函館記念(G3)に挑戦する意味はあるのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  6. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  9. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  10. JRA阪神JF(G1)「勝率75%」ソダシ育てた名伯楽が勝負気配、「ドゥラメンテの牝馬は走らない」噂もついにストップか