NEW

JRA勢「天下終焉」の時代……キャッスルトップ、カジノフォンテン何故、地方馬はここまで強くなったのか。地方の雄「メイセイオペラの奇跡」から22年

【この記事のキーワード】, , ,

「地方の競馬関係者の努力も然ることながら、まず言えることは近年の地方馬の『質』が確実に上がっていることです。

地方でデビューする馬と中央でデビューする馬の質に差が生じるのは、偏に賞金額、つまりは1頭の馬が稼げる見込み賞金に大きな差があるからです。簡単にいえば馬主さんにとって、中央で1億円稼げそうなら1億円の馬を入れますし、地方で1000万円しか稼げそうにないなら、1000万円までの馬でなければ採算が合わないということです。

ただ、これは逆に言えば地方で高い賞金獲得が見込めるのであれば、それ相応の馬を地方でデビューさせるということ。そして、今の地方競馬は大井や船橋といった南関東を中心に、賞金の増額が活性化しています。以前と比べれば、確実に質の高い馬が地方デビューを選ぶようになりました」(競馬記者)

 実際に今年の3月には南関東重賞の1着賞金の増額が発表され、東京ダービーが800万円増額されて5000万円となった他、かしわ記念が1000万円増の7000万円、帝王賞も1000万円増の7000万円、ジャパンダートダービーに至っては1500万円も増額され6000万円になるなど、広範に渡って賞金アップが実施されている。

 この背景には、近年のインターネット投票の充実による地方競馬の売上増が大きな好影響をもたらしており、昨年も多くの興行がコロナ禍で業績を落としている一方、地方競馬は記録的な売上を連発した情勢がある。

 つまり、各地方競馬の主催の好調な売上が、レースの賞金増額に還元され、それが地方に流れる馬質の向上を呼び込んでいるというわけだ。地方競馬は近年、こういった好循環のサイクルを形成し、確実に中央競馬との差を詰めている。

 無論、中央とはまだ圧倒的な開きがあることは事実だ。しかし、中央でG1などの高額賞金レースが行われるのは、あくまで芝がメイン。ダートとなると、我々の想像以上に中央と地方の差はさらに小さくなっているのかもしれない。

 かつて1990年代終盤には、船橋のアブクマポーロと岩手のメイセイオペラという地方の怪物が中央馬をことごとく蹴散らし回った「奇跡的な時代」があった。そして、メイセイオペラが1999年のフェブラリーS(G1)を勝利し、ついに地方馬がJRAのG1を初めて勝つという歴史的快挙までやってのけたのだ。

 あれから22年。著しい発展を遂げた地方競馬の所属馬が、中央所属の馬を打ち負かすことは、もはや奇跡とは言えない時代がやってくるのだろうか。地方馬が一方的に負け続ける時代は終わり、「交流重賞」がようやく本来の意義を確立しようとしている。(文=銀シャリ松岡)

<著者プロフィール>
 天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

JRA勢「天下終焉」の時代……キャッスルトップ、カジノフォンテン何故、地方馬はここまで強くなったのか。地方の雄「メイセイオペラの奇跡」から22年のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?