NEW

JRA洋芝巧者「第2のエリモハリアー」は、すでに幻想!? 函館記念(G3)昨年覇者アドマイヤジャスタも悩ましい驚愕の「リピーター」たちの末路とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA洋芝巧者「第2のエリモハリアー」は、すでに幻想!? 函館記念(G3)昨年覇者アドマイヤジャスタも悩ましい驚愕の「リピーター」たちの末路とはの画像1

 18日、函館競馬場で行われる函館記念(G3)の歴代の勝ち馬には、エリモハリアーという「函館の鬼」がいる。

 10歳の引退まで63戦を走り抜き、5度も挑戦した函館記念を3連覇。JRAの平地同一重賞の3連覇は、タップダンスシチー(金鯱賞)やマツリダゴッホ(オールカマー)といったG1級の名馬が名を連ねる大記録だ。

 近走が不振でも、得意の函館に帰れば不死鳥のように蘇る――。

 特に3連覇が懸かった2007年の函館記念では7番人気という低評価だったが、見事な復活を遂げてファンの度肝を抜いた。今でこそ函館、札幌と言った北海道シリーズは洋芝で行われ、「洋芝巧者」という言葉が当たり前のように使われているが、その先駆者的存在となったのが洋芝専用機エリモハリアーだ。

 このエリモハリアーの活躍以降、洋芝という特殊な条件で行われる函館記念では、毎年のように「リピーター」が注目されている。近走が多少不振でも、函館記念に戻れば水を得た魚のように激走するのでは……。

 多くの競馬ファンが今なお「第2のエリモハリアー」を狙い続けているのだ。

JRA洋芝巧者「第2のエリモハリアー」は、すでに幻想!? 函館記念(G3)昨年覇者アドマイヤジャスタも悩ましい驚愕の「リピーター」たちの末路とはの画像2

「今年も、その(リピーターの)典型的な存在がアドマイヤジャスタですね。昨年の函館記念を勝利して以降、5戦して未勝利。それも5戦中3戦で二ケタ着順、馬券圏内どころか、掲示板にさえ載っていません。

ただ、前走のリステッド(福島民報杯)でさえ10番人気だったのに、大手競馬ポータルサイトの『netkeiba.com』による事前オッズでは、その函館巧者ぶりが期待されてか6番人気と高い評価を得ています」(競馬記者)

 しかし、その一方で過去10年の函館記念で3着以内だった馬たちの、翌年の函館記念の成績は以下の通りだ。

2011年キングトップガン 4番人気1着 →11番人気16着
マヤノライジン 12番人気2着 →10番人気5着
アクシオン 7番人気3着 →12番人気12着
2013年アンコイルド 7番人気2着 →6番人気13着
アスカクリチャン 8番人気3着 →13番人気11着
2014年ラブイズブーシェ 2番人気1着 →6番人気10着
2015年ダービーフィズ 3番人気1着 →12番人気11着
2016年マイネルミラノ 3番人気1着 →4番人気11着
ケイティープライド 13番人気2着 →11番人気5着
ツクバアズマオー 9番人気3着 →6番人気10着
2019年マイネルファンロン 9番人気2着 →10番人気14着
2020年アドマイヤジャスタ15番人気1着→?
※2年連続で出走した場合のみ。

 上記の通り、前年の函館記念で馬券になった馬が、翌年の同レースで馬券になった例は1つもない。また11年前の2010年の函館記念を勝ったマイネルスターリーも、翌年は1番人気に推されながら8着……。

 紛れもない“全滅”であり、かつてエリモハリアーらの活躍で注目された「リピーター」は、この函館記念においては逆に“甘い罠”になろうとしている。

 近代競馬において「洋芝巧者」はすでに死語となり、函館記念の歴史に燦然と輝く「エリモハリアー伝説」は、もう過去のものになってしまったのだろうか……。

「実は2008年から函館競馬場ではスタンドなどを含めた全面改築工事があり、2010年以降、明らかに函館の芝コースの傾向が変わりました。以前は洋芝開催=時計が掛かるといったイメージがあったんですが、近年は高速決着になることも多く、開催最終週の函館記念も2分を切ることが珍しくなくなりました。

言い換えれば、多くの馬にとって走りやすくなった分、逆にエリモハリアーのような洋芝巧者は減りましたね。この函館記念にしても、洋芝適性よりも単純に調子のいい馬たちの活躍が目立つようになりました」(競馬記者)

 データ的に苦境に立たされたアドマイヤジャスタには近年の傾向を覆す激走で、リピーターの存在感を見せてほしいが……。(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA洋芝巧者「第2のエリモハリアー」は、すでに幻想!? 函館記念(G3)昨年覇者アドマイヤジャスタも悩ましい驚愕の「リピーター」たちの末路とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  6. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  9. JRAソーヴァリアント圧勝で、有馬記念(G1)「あの曲者」が急浮上!? エフフォーリア、タイトルホルダーの影に隠れた「第3の刺客」とは
  10. JRA【阪神JF(G1)展望】武豊×幸四郎「兄弟タッグ」でG1初挑戦、「3戦3勝」ウォーターナビレラを止めるのはM.デムーロかC.ルメールか!?