NEW

パチンコ超ヒットメーカーの「黄金期」に生まれた傑作!!【レトロパチンコ『CRアバンギャルド』編】

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ超ヒットメーカーの「黄金期」に生まれた傑作!!【レトロパチンコ『CRアバンギャルド』編】の画像1

 今回の主役は、京楽産業が2008年にリリースした『CRアバンギャルド』。

 グラビアイドル中心の芸能プロダクションであるアバンギャルドとのタイアップ機で、当時人気だったグラビアイドルが9名ほど登場します。

 その出演メンバーは1~9までの絵柄順に藤崎奈々子、北村ひとみ、小倉優子、井尚美、浜田翔子、海川ひとみ、眞鍋かをり、折原みか、山川恵里佳となっています。この中に好きなグラドルはいますか?

 あまり私が興味ないからなのでしょうが、正直聞いた事がなかった方もいらっしゃいます(ファンの方ごめんなさい)。その反面、現在でも名前を聞くような方もいらっしゃいます。

 彼女たちは、あくまでもグラビアアイドル。そのため、出演者たちはコスプレなどで登場するのですが、意外と際どい演出はなかったりします。その辺ばかりを期待していたとしたら、若干物足りない部分を感じることもあったのかもしれませんね。

 でも、こういった機種って客層は男性ばかりかと言えばそうでもなくて、意外と女性も多いのは不思議なものです。関係ないですが10年ほど前に豊丸からリリースされた『CR江頭2:50』に関しては、遊技している女性をほとんど見かけた記憶がないですけど(笑)。

 話を戻します。京楽は2004年にも有名なグラドル事務所のイエローキャブとタイアップしたパチンコをリリースしていますが、このアバンギャルドが登場した時期というのが…これまたとんでもない時代なのです。

 現在と比べ、まだまだパチンコ業界自体に活気があふれていたという背景もあるとは思いますが、この前後の機種というのが『CR冬のソナタ2』、『CR必殺仕事人Ⅲ桜バージョン』、『CRキン肉マン』、『CRグラディエーター』などなど。

 正に京楽の黄金期とも言える訳で、新台をリリースすればヒットか大ヒットが当たり前という活躍ぶりでした。

 いやはや京楽…おそるべし…です。

 アバンギャルド自体は、それほど大きなヒットにはなっていないのですが思いがけない場所で見かけてしまい、《そう言えば上司の○○さんが小倉優子好きだったな~》なんて思いながら執筆してしまった次第です。

 ちなみに私のタイプは眞鍋かをりさんです。

 皆さんのタイプは?

(文=電撃しらっち)
<著者プロフィール>
業界歴30年。遊技機販売業など様々な業種を経験し、現在はライターとしての活動にも力を入れている。レトロパチンコ・パチスロの実戦記事や、業界関係者への取材記事も担当。羽根モノや一発台を特集するなど、オールドファンにも響く内容も積極的に作成している。

【注目記事】

パチンコ新台『牙狼』は驚異の「○百万」!?「アノ価格」が爆上がり…気になる裏側とは!!

パチンコ「Vストック×4個」が約束される激熱フラグ搭載!「甘い」と評判も…「打ち方」には注意が必要

パチスロ「AT確率1/3000」の地獄!? 人気の突破型マシンで起きた「悲劇」とは…

パチンコ超ヒットメーカーの「黄金期」に生まれた傑作!!【レトロパチンコ『CRアバンギャルド』編】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!